1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ファンも落胆…トッティの「東京V移籍」が消滅したみたい

残念ですね。日本でプレーする姿を見たかった。

更新日: 2017年07月17日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 26487 view
お気に入り追加

■元イタリア代表トッティの東京V移籍が消滅

16日、J2東京Vの羽生英之社長が、元イタリア代表FWトッティ(40)獲得を断念したと発表した。

羽生社長によると、交渉を進めていた代理人の良藤辰夫氏から14日午前、獲得断念を報告するメールが届いたとのこと。

16日、良藤氏はツイッターで「東京ヴェルディサポーターの皆様、ごめんなさい。力及ばずでした」と破談を示唆する投稿をしていた。

■トッティ獲得報道のこれまで

1989年にローマの下部組織に加入後、25年間、ローマ一筋でプレー(公式戦786試合出場、307得点)してきたトッティ

「ローマの象徴」として多くのファンや選手に慕われてきたが、今季限りでローマを退団。

ローマ側はフロント入りを打診も、トッティ本人は迷いを感じているとされ、現役続行の可能性を示唆。

そこで獲得に名乗りを上げたのが、10年ぶりのJ1復帰を狙う東京Vだった

6月下旬、羽生社長が「獲得を目指し、スポンサーとともに資金調達に動いています」と、トッティ獲得に動いていることを明らかに。

トッティも、少年時代からのファンという『キャプテン翼』の縁から日本に深い親近感を抱いており、東京V移籍に興味。

同じく獲得に動いていた、元イタリア代表ネスタ氏が率いるマイアミに断りを入れ、二択に絞ったと報じられていた。

トッティ側が提示した高額年棒も用意

東京Vは、トッティ側の要求と同じ年俸300万ユーロ(約3億7500万円)を提示。

「われわれには浦和や神戸のような資金力がない」としながらも、スポンサーの協力や肖像権関係の利益などで、資金を捻出する計画だったという。

■交渉が破談になった理由は?

トッティには、05年6月に結婚した女優のイラリー・ブラージさん、同年11月に誕生した長男、翌年に誕生した長女がいる。

その家族から日本行きの了解を得られず、家族の思いを尊重する形になったとのこと。

■トッティのJ移籍は実現せず…ネット上にも様々な声が

現役をどう終えるべきかはさておき、生トッティを見られないことは残念だ。

トッティは家族問題でダメだったか。残念だけど、こればかりは仕方ないな。でも、トッティは行く気あったということか、、、

トッティ破談になってしまったのか 職場のシーズンシート争奪戦を繰り広げようとみんなで話してたのに…(´・ω・`)ショボ-ン

やっぱトッティはローマのバンディエラで居続けて欲しいし、そうなるのがロマンだよな。

トッティはヴェルディ来ないのか…残念だけどこれで良かった気もする。 世界一好きなサッカー選手だったから引退は寂しいけれど、やっぱり生涯ローマってのがいいよなぁ。 まあゼルビアからヴェルディに浮気しなくて済んだわ。浮気は致命傷になりかねない時代ですし。

トッティの東京ヴェルディ移籍がなくなったのは嬉しいような残念なような複雑な気持ちだなー 個人的にはトッティはローマにずっと在籍していたからそこでサッカー選手としてのキャリアは終わらせてほしい気もあるし、日本に来てほしかったっていう気持ちもある

■羽生社長は悔しさをにじませる

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。