1. まとめトップ

シアン・カアン生物圏保護区

カリブ海に面するメキシコ・ユカタン半島のカンクンやプラヤ・デル・カルメンといえば、世界的に人気のビーチリゾート。オールインクルーシブのホテルでのんびりするのも優雅ですが、そこから少し南に下ると、ホテル・エリアとはまた違った壮大な自然を満喫できるシアン・カアン生物圏保護区があります。

シアン・カアン生物圏保護区(la Reserva de la Biosfera Sian Ka'an)は、メキシコのキンタナ・ロー州にある自然保護区である。ユカタン半島のカリブ海沿岸地域に広がる生物圏保護区で、1987年にはユネスコの世界遺産に登録された。メキシコの世界自然遺産の中では最初に登録されたものである。
「シアン・カアン」はマヤ人の言葉で「天空の生まれた場所」を意味する。

シアン・カアンの見どころは、その広大な景色、たくさんの野鳥たちや動物たち、そして海洋生物です。中でもアメリカン・マナティが見られるのは大変貴重です。

6人の客に操縦士、水先案内兼動物探し担当の2人が乗ったボートが数隻でチームをくんで探索開始 
まず、ラグーンでマナティ発見。息が長く、もぐっている時間が長いが、透明度が高い海なので上から彼らの行く方向が分かる。エンジンをほとんど切って数隻のボートが彼らに伴走し、息継ぎで顔を出すのを待つという気が長い話だ。

なかなか顔を出す瞬間の写真がありません><

マングローブ

1 2





wake_vpvpzさん

ポジティブに!

このまとめに参加する