1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kokko33さん

▼2017年7月13日、国民生活センターが発表

▼バストアップのサプリ

国民生活センターは13日、バストアップなどの美容目的で販売されている「プエラリア・ミリフィカ」という植物を含んだ健康食品の摂取後、健康被害が相次いでいるとして注意を呼びかけた。

▼「プエラリア・ミリフィカ」はごく普通に販売されている

▼最も有名なものはDHCの健康食品

ヤフーで検索すると、関連ワードとして「dhc」が出てくる

▼若い女性を中心に被害!

今年4月までの5年余りで209件の健康被害の届け出があったという。半数は10代20代の若い女性からで、月経不順や不正出血、乳房の異常など女性特有の健康被害が多くみられたという。

相談内容は嘔吐(おうと)や腹痛といった「消化器障害」(76件)が最多で、発疹などの「皮膚障害」(59件)、「月経不順・不正出血」(33件)が続いた。

10~20歳代の女性が中心で、「大量の不正出血が起きた」「生理が止まった」などの声が寄せられた。

 同センターは、この植物を原材料とする健康食品の摂取により、ホルモンのバランスが崩れるなど健康被害が生じる恐れがあると指摘。

▼異常を感じたら、医療機関の受診を!

国民生活センターは、摂取した後、異常を感じた場合、医療機関を受診するよう注意を呼びかけています。

国民生活センターの亀山実佳子さんは「症状が出ていても商品の影響と気付かずに飲み続けてしまう人もいるが、体調に異変を感じたらすぐに摂取をやめて医療機関を受診してほしい」と話しています。

▼DHCの商品はこれまでも問題が!

①発がん性物質

「アロエベラ」からWHOが定める基準値以上の発がん性物質ベンゼンが検出され、厚労省が自主回収を求めたり、09年には根拠のない表示を行っていた

▼厚生労働省も回収を要請

当該製品については、厚生労働省として販売業者に対し分析結果を通知し、回収を行うよう要請を行ったところである。

 

製品名:アロエベラ
販売業者:(株)ディーエイチシー (DHC)(東京都港区)
検出されたベンゼン濃度: 73.6ppb(3検体平均)

②肝機能障害

「メリロート」は肝機能障害を起こす危険があるとして厚労省がHP上でDHCの社名を伏せたかたちで注意を呼びかけた

1 2