1. まとめトップ

Twitter発。大人の胸に痛切に響く『私見的呟き』

世の中の様々な事象、現象に対して洞察力、着眼点に思わずハっとしてしまう秀逸な"意見ツイート"を紹介します。

更新日: 2017年07月18日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
102 お気に入り 125141 view
お気に入り追加

◆『苦労』に関して

苦労はしてはいけません。苦労をすると人間不思議なことにさも自分が努力をしていると勘違いし始めます。そして次第に苦労をしていない人間は努力をしていない人間だと思い始め、最後には他人に苦労を強要するようになります。間違いありません、そんな人、何人も知ってます

◆『自分も◯◯が痛い』という大人

2歳息子に「ママお腹痛いんだ~」など自己申告すると「ぼくも足が痛い」とか張り合ってくるのだが、これは「相手の痛みを理解して思いやれるようになるのが4歳位から」とされているので当然の反応で、つまり配偶者の体調不良の訴えに「自分も◯◯が痛い」で返す大人は精神年齢4才以下の可能性がある

◆『金で解決できる問題』

「金がすべてじゃない」なんていうけど、社会の問題のかなりの部分は「金で解決できる問題」なんだよ。そして金で解決できる問題を金以外で解決しようとすると「本来解決に必要だった金の何倍もの労力と金がかかり、しかも解決できない場合もある」ので、金で解決できる問題は金で解決した方がいいよ_

◆『風潮』

「モノ言えぬ空気」「言論の自由」とか叫びながら「失言だ!」と責め立てる風潮ってすごいよな。

◆『ネットリテラシー』

いまや「ググれカス」じゃなくて「ググってもカス」の時代であり、インターネットから情報を取捨選択できるリテラシーを持ち合わせている人は、人口比で2〜3%程度じゃないかな。

◆『月曜日』

「火水木金土」 は惑星ですが、「日」 は恒星ですし比較にならない大きさと存在感ですので、やはり1週間で日曜日が占める割合はもっと大きくすべきではないでしょうか。 特に月曜日は衛星ですし、1時間くらいで終わらせて良いと思います。

◆『有給休暇』に関する懸念

そのうち1秒単位の有給取得が可能になりちょっとした待ち時間やトイレなどに有給を充てることで「実質的に休ませることなく有給完全消化」という偉業を達成する会社が現れる

◆『オバケ』に関するふとした疑問

私オバケあんま信じてなくて、だって毎日人死んでるのに 「白い着物で髪の長い女」とか「落ち武者の〜」とかばっかりで、 「ピアスだらけでピンクメッシュのいかにもメンヘラな女」とか 「GAPのタンクトップにクロムのネックレスをしたガングロな男」 とかの霊が全然出ないのおかしいと思わん?

◆『イキリオタク』が生み出すもの

「イキリオタク」という概念が流行ったことで、本来なら今頃イキリ発言をしていたはずの年頃のオタクが自重し、イキリオタクを馬鹿にすることで、「イキってない俺スゲー」的な感覚を持つ「パラレル=イキリオタク」とも呼ぶべき存在が生まれつつあるのだ。

◆『携帯電話』に関して

電話で「今、お時間よろしいですか?」って聞く方も「すみません今ちょっと時間がなくて」って言う方も両方時間の無駄だから、みんな「時間がなけりゃケータイには出ない」を徹底してほしいわよね。

1 2





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。