1. まとめトップ

国保(国民健康保険)とは

国民健康保険についてのまとめ

更新日: 2017年07月17日

yes-arkさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 47 view
お気に入り追加

国保とは

事故や病気などで病院を使った治療費や薬代、入院費などの医療費を経済的な負担が少しでも軽くすむように、普段からお金を出し合い医療費に充てようという相互扶助を目的として生まれた制度で、国民健康保険のことをいいます。
加入者同士での支え合いの制度でもあります。

国保に加入するべき人は?

日本では、すべての人が法律で医療保険に加入することが義務づけられています。(国民健康保険法第5条)。
下記に当てはまる人は、国保に加入することになります。
・職場の健康保険や船員保険に加入してない人
・後期高齢者医療制度(長寿医療制度)で医療を受けてない人
・生活保護を受けてない人

国保に強制加入になる場合

職場などの医療保険を喪失(そうしつ)した場合は、ただちに国民健康保険の資格を有することになります。

どこが国保を運営しているのか

国民健康保険の運営は、市町村ごとに行われています。国保に加入している人たちの医療費は、自己負担分を除き、運営してる市町村が医療機関に支払うことになっています。

運営費は、なにでまかなっているのか

国民健康保険から出る医療費は、加入者の納める保険税(料)や国などの補助でまなわれております。国民健康保険の加入者は必要に応じた医療を受ける権利をがあると同時に、保険税を納める義務があります。

保険税はどのように決まるのか

国民健康保険税は、基準所得金額に応じて決まります。基準所得金額とは、各世帯員の総所得金額ー33万(基礎控除)をもとに決まります。保険税は、所得と市町村によって異なります。

医療分+支援分+介護分(40~64歳の方)=国保税になります。
それらの保険税は、市町村によって異なりますので、お住いの市町村の窓口までお問合せください。

国民健康保険税は、軽減や減免ができる

国民健康保険税は、軽減や減免ができます。軽減や減免をしたい場合は、お住いの市町村の窓口に申請しましょう。

1





誰も注目しないようなマイナーなジャンルやメジャーなジャンルまで様々なものを、色々な見方で情報を気軽に集め発信していこうと思います。

このまとめに参加する