1. まとめトップ

kindle!ぐっとくる先生との恋愛小説!「プレーリーハタネズミの恋」

意外な結末で一気に読めると評価されている、大学の先生と女子大生の恋愛を描いた小原美智子原作の「プレーリーハタネズミの恋」のみどころについて紹介します。

更新日: 2018年05月17日

1 お気に入り 1238 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Kindleで発売されている大学の先生と女子大生の恋愛を描いた小説「プレーリーハタネズミの恋」の見どころについて紹介します。先生との恋愛小説が好きな方にはハマると思います。

minamikanakoさん

プレーリーハタネズミの恋って?

Amazonが提供する電子書籍「Kindle」で発売されている大学の先生が主人公の恋愛小説です。恋愛のドキドキ感や、切なさが体験できる作品です。

恋愛嫌いで有名な「葛木准教授」(35)はある事が切っ掛けで生意気な女子大生「姫宮香織」(20)に恋をしてしまうのだった。
期限付きの恋に翻弄される「葛木准教授」の運命は――。
年齢差15才の恋の行方は――?

作者 小原美智子
発売日 2017年8月18日
ページ数313ページ
価格 400円

【おすすめポイント】
恋愛嫌いな先生が15才年下の学生に翻弄される様子にキュンとしました。恋の切なさを詰め込んだ作品だと思います。
前半は恋する先生がどうなっちゃうんだろうって感じで読み進み、後半は予想できない展開で泣けました。

結末が読めなかった驚きのラスト!
後半はより物語のスピード感が上がり
次々と明らかになる真実には驚かされました。

プレーリーハタネズミって?

小説のタイトルになっている「プレーリーハタネズミ」とは一夫一妻制のネズミの事です。
夫婦で子供を育て、パートナーと死別した後も新しいパートナーを持とうとしない事から純愛の象徴として有名になっているネズミです。小説の中に出てくる恋愛嫌いな大学の先生「葛木恭一郎」はこのネズミを研究して「感情抑制薬」を作っているという設定になっています。

見どころ1 | 恋愛嫌いの准教授の変化に胸キュン

恋愛を否定する葛木准教授が、ある事が原因で15才年下の学生「姫宮香織」に恋をしてしまいます。理性では止める事の出来ない感情に溺れていく葛木准教授の姿に胸がキュンとさせられます。

見どころ2 | 生意気な学生「姫宮香織」の秘密

葛木准教授が恋をしてしまう相手「姫宮香織」は実はただの生意気な学生ではなく、ある秘密を抱えています。その秘密も意外で、見どころになっております。

見どころ3 | 脳や心についても触れている作品

葛木先生は人間学部の准教授をしています。講義では「脳のしくみ」について学生に教えています。作中では、人間の心と脳についても触れており、見どころの一つになっています。

見どころ4 | “Jazz”がキーワード

葛木先生の趣味はジャズで、ピアノも弾きます。Jazzバーのマスターが先生の友人で、バーでのシーンではジャズの曲名が出てきたりして、ジャズを好きな人には嬉しいかもしれません。
また、先生がピアノを弾くシーンもあって、その事が物語と深く関わってきて、見どころです。

まとめ

以上「プレーリーハタネズミの恋」の見どころに触れてみました。この機会にKindleデビューしてみてはいかがでしょうか?Kindleはスマホでも、パソコンでも読む事ができます。サンプルがあるので、まずは無料で読める分を試してみるのもいいかもしれません。

1