1. まとめトップ

悪口を言う人を気にしたら負け・・・! その理由と心理

何かにつけて『あのひとが嫌い』『あれは無理』など悪口の絶えない人はいます。もし、あなたが優しい方だったりすると、気を遣ってしまいがちな相手ですが、そんなことはご無用。その理由をまとめました。

更新日: 2017年07月20日

23 お気に入り 9054 view
お気に入り追加

悪口言う時って無意識に自分が一番言われたら傷つくこというらしい、ってことを知ってからロマーノの悪口って容姿をけなすこと以外は「お前なんて嫌いだ」とか「あっちいけ」とかそう言うのばっかで、この子が一番怖いことってまた置いていかれたり一人にさせられることなんだろうなっていうか萌える

悪口を言う人の心理

気持ちの弱さがある


悪口を言ってしまう人の心理状態として、特に多いのが気持ち、つまり、心が弱いということです。

気持ちの弱さを隠すために、人の悪口を言うことで、自分が強いということを周囲に訴えているのです

ネガティブ思考がある


人の悪口を言う人は、ネガティブな思考の持ち主である場合が多いです。

表面上は仲良くしている相手でも、本当は自分のことを良く思っていないのではないか、と相手の気持ちを疑ってしまうことが多いでしょう

軽い気持ちで言う


悪口を言われたほうは、誰しもが嫌な思いをしますよね。

ですが、残念ながら悪口を言う人の中には、冗談感覚で言ってしまう人がいるのも事実です。

1、自信のない人にとって、悪口は中毒

自分に価値を感じられていない人間が集まると
話題の中心は悪口や陰口、愚痴などになります。

なぜなら、自分の価値を相対的に上げるためには、
他人の価値を下げることがもっとも手っ取り早いからです。

職場での人間関係を自分に有利になるように操作することに長けている人がいます。このタイプの人たちは他人の立場を悪くしようと、悪口を積極的に利用します。

みんなで悪口や愚痴を言い合って、
アドバイスし合って、
「これからも支え合っていこうね」なんて
友達ぶっていても、

それは相手のことを思ってしていることではなくて、
自分の無価値感を補うために利用しているだけです。

かくいう本人は中身が空っぽなのかもしれません。

2、悪口を言うと嫌われる

悪口って言ってる方はいいかもしれませんが、聞いてる方はものすごく疲れるんです。コレですね、悪口だけじゃなくてネガティブな話題全般に言えます

実際悪口を聞かされるあなたもうんざりしていることでしょう。 
それは他の人も同じことです。
悪口を言う人は自ら自分の株を落としていくので、放っておきましょう。

悪口ばっかり言うと聞いてる人は疲れます。結果として友人は確実に減っていきます。

するとですね、同じように悪口を共有できる友人だけが残るんです。悪口を言うことで「素を見せてくれている」「本音で語り合える」「性格が合う」と勘違いしたメンバーです。

周りの悪口ばかりのグループは所詮その程度のグループ。

嫌いな人類の悪口しか言わなくなるけど大概鋭利な特大ブーメランになって自分に刺さるからあんま言いたくない

3、悪口は自分も言われる

陰口女は「自分は陰口の対象にならない」なんて思っていますが、これは大きな勘違いです。

陰口女ははたから見て非常に嫌な女です。そんな女が陰口の対象にならないわけがありません。

悪口を言う人は誰の悪口でも言うんです。あなたがいない時にはあなたの悪口を別の友達に言っています。でも、しょうがないですね。人の悪口を言うんだから自分が言われたってしょうがないです。因果応報です。

4,悪口は育児にも悪影響

悪口を日常的に言う家族や親戚の元で育った子供は人の悪口を日常的に言うようになります。もはや病気です。こうなってしまうと、「悪口=悪いことだ」という自覚が全くありません。

パートナーとか彼氏彼女の悪口を言う方非常に多いですが、それって自分は見る目が無いアホですって主張しているようなものですよ。選んだのも、関係を持っているのもあなた自身です。

「なんでそんなのと付き合って(結婚して)るの?」と言われること間違いなしです

<<要するに、悪口を言う人は自分が一番損をしている、自滅体質だということ。>>

放っておけば良いのです。イライラしているのは皆同じ。恐れることはありません。

絶対に他人を悪く言わない友達がいて、なんでそんなに優しいのか?と思って観察したら、単に悪い出来事とか嫌な人に時間を割かない子なんだって気付いて感動した。嫌いな人に夢中になって、悪口を考えたり、それを誰かに話す時間を割くのは確かに無駄でしんどい。

1





日々気になったことをまとめてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。