1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

100歳を超えて医師として活躍‥日野原重明さんの訃報に悲しみの声が広がっている

日本の医療のあり方について積極的に発言し、患者主体の医療を訴えた文化勲章受章者で聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはらしげあき)氏が18日午前6時33分、呼吸不全のため死去した。105歳だった。

更新日: 2017年07月19日

karumaru0505さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
25 お気に入り 23829 view
お気に入り追加

日野原重明さん死去

日本の医療のあり方について積極的に発言し、患者主体の医療を訴えた文化勲章受章者で聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)氏

関係者によりますと、日野原さんは体調を崩して自宅で静養を続けていました

日野原重明さんとは?

【日野原重明さん死去】いち早く人間ドック開設 地下鉄サリン事件では陣頭指揮 よど号ハイジャック事件にも遭遇 sankei.com/life/news/1707… pic.twitter.com/JUAamfUyVM

1941年から聖路加国際病院に勤め、同病院内科医長、聖路加看護大学長、同病院長などを歴任した。

早くから予防医学に取り組み、54年には同病院が人間ドックを先駆的に開設するのに携わった。

「生活習慣病」という言葉の生みの親としても知られました

脳卒中、心臓病などを「習慣病」と呼んで病気の予防につなげようと1970年代から提唱。旧厚生省は96年になって成人病を生活習慣病と改称した。

2001年出版の「生き方上手」はベストセラーに

01年に90歳で刊行したエッセー集「生きかた上手」がベストセラーになった。

「生涯現役」の医師を貫きながら活動の幅を広げていました

一枚の葉っぱが生まれ、大地に還るまでを通じて、命のあり方を描いた絵本「葉っぱのフレディ」

脚本の原案を手がけるなど、生涯現役の医師を貫きながら活動の幅を広げていました。

突然の訃報に驚きと悲しみの声が広がっている

日野原重明さんの生涯働くという生き方は私のロールモデルです。心よりご冥福をお祈りいたします。

ご冥福をお祈りいたします。 日野原重明さん死去 105歳 聖路加国際病院名誉院長(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-… @YahooNewsTopics

すてきな方だったと思います。ご冥福をお祈りします。 日野原重明さん死去 105歳 news.yahoo.co.jp/pickup/6247312

日野原重明さん死去 105歳 聖路加国際病院名誉院長 a.msn.com/01/ja-jp/BBEEe… 「心で治療する」尊敬する医者が死去されました。心からご冥福をお祈りいたします。@gannsun

1 2 3





ネットで話題になったことをまとめていきたいと思います。

このまとめに参加する