1. まとめトップ

【関西版】神前式・和婚おすすめ神社まとめ

多くの女性にとって、結婚式は特別なものではないでしょうか?どんな風にしよう、何を着よう、そう考えると楽しくなってきます!最近は日本人らしく和装を着たいという方も増え、神前式を選択する方も増えているようですよ。そこで神社が大好きな私が、神前式・和婚のおすすめ神社をまとめましたので紹介します。

更新日: 2017年07月18日

0 お気に入り 19348 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sttr_05さん

多くの女性にとって、結婚式は特別なものではないでしょうか?
どんな風にしよう、何を着よう、そう考えると楽しくなってきます!

最近は日本人らしく和装を着たいという方も増え、神前式を選択する方も増えているようですよ。

そこで神社が大好きな私が、神前式、仏前式・和婚のおすすめ神社をまとめましたので紹介します。

神前式とは

神前式とは、神社で結婚式を行うことを指します。
日本の伝統的な式の一つですね。

その始まりはとても古く、室町時代から及ぶそうですよ。

神前式の歴史
今日のような神前式が始まったのは、明治33年に大正天皇のご成婚を記念して日比谷大神宮で行った結婚式からと言われています。
結婚式の源流はというと、もっと古く室町時代の武家の結婚式までさかのぼります。

おすすめ神社

今回は関西方面の神社をまとめました。
どこも雰囲気が素敵ですよ!

1.坐摩神社(いかすりじんじゃ) 通称:ざまじんじゃ 大阪府

ご本殿にて古式ゆかしき神前結婚式を厳粛に執り行っております
・式場の拝殿には最大60名までご参列頂けます。ご親族からご友人まで多くの方に祝福して頂けます。

ご由緒・歴史

当社の創祀には諸説がありますが、神功皇后が新羅より御帰還の折、淀川南岸の大江、田蓑島のちの渡辺の地(現在の天満橋の西方、石町附近)に奉祀されたのが始まりとされています。
平安時代の「延喜式」には攝津國西成郡の唯一の大社と記され、産土神として今日に至っています。また朱雀天皇の御代、天慶2年(939)以来祈雨11社中に列し、以後たびたび祈雨〔雨乞い〕のご祈請・奉幣に預かりました。

おすすめポイント

・最大60名入場可能(友人可)
・花嫁行列で本殿入場
(生演奏の雅楽奏者が先導して入場)
・雅楽の生演奏
・アクセスの良いロケーション
・本殿空調有り
・駐車スペース有り

坐摩神社の御祭神は坐摩大神(いかすりのおおかみ)という神様です。

この坐摩大神は5柱<生井神 (いくいのかみ)、 福井神 (さくいのかみ) 、綱長井神(つながいのかみ)、 阿須波神(あすはのかみ)、 波比岐神(はひきのかみ)>の神様の総称なのだそうですよ。

御神徳は住居守護、旅行安全、安産守護だそうです。
住居守護や安産守護はこれから夫婦となる二人にとって、とても大事ですよね。
旅行安全の御神徳もあるため、夫婦揃って旅行好きという方にとっても、ぴったりだと思います。

そして、坐摩神社の最大の魅力は何といっても「花嫁行列」ができることではないでしょうか!

花嫁行列、想像するだけで素敵ですよね。
せっかくの式ですから、参拝されている方にも見ていただきたい、そんな気持ちを持っている方にとてもおすすめの神社です。

2.枚岡神社(ひらおかじんじゃ) 大阪府

結びの社
大自然に囲まれた、神気溢れる太古の聖域で、伝統ある厳かな結婚式を。

ご由緒・歴史

枚岡神社は、永く神津嶽にお祀りされましたが、孝徳天皇の白雉元年(はくちがんねん)(650年)9月16日に、平岡連らにより山麓の現地へ奉遷されたと伝えられています。神護景雲(じんごけいうん)2年(768年)に、天児屋根命・比売御神の二神が春日山本宮の峰に影向せられ、春日神社に祀られました。このことから当社が「元春日(もとかすが)」とよばれる由縁であります。

その後、宝亀(ほうき)9年(778年)春日神社より、武甕槌命・斎主命の二神を春日神社より迎え配祀し四殿となりました。大同元年(806年)には60戸の封戸を充てられ、貞観元年(856年)天児屋根命の神階は正一位の極位を授かり、延喜式神名帳では名神大社に列せられました。その後勅使参向のもとお祭りが行われ、又随時、祈雨、祈病平癒の奉幣に預かる等優遇を受け、寛治5年に堀河天皇が参拝されるなど、勅旨により創始されたことにより朝廷から特別な尊崇をうけたことがうかがわれます。

おすすめポイント

・木々が豊富な境内で、神秘的。
・雅楽の生演奏・巫女の舞
・格式有る本殿で挙式ができます。
・披露宴会場、ご列席者控室など設備が整っています。

主祭神として祀られているのは天児屋根命(あめのこやねのみこと)。
天児屋根命は祭祀を司る神様です。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸(あまのいわと)にこもった際にお祭りを行い、祝詞を奏上したことから、祝詞の祖神とされています。

枚岡神社は豊かな緑に囲まれている神社です。自然が好きな方にとってはその神秘的な雰囲気はたまらないのではないでしょうか。

披露宴会場や控え室などの施設も整っているそうなので、自然を楽しみながら、快適に式を挙げることができると思います。

3.大神神社(おおみわじんじゃ) 奈良県

日本最古の神社 大神神社で結婚式!厳かな挙式ができます。
ご結婚されてより今日に至るまで、夫婦互いに助け合い一家を整えてきた日々に 感謝すると共に、夫婦円満の三輪の大神さまに今後益々のご多幸とご平安をお祈 りします。

ご由緒・歴史

遠い神代の昔、大己貴神(おおなむちのかみ)【大国主神(おおくにぬしのかみ)に同じ】が、自らの幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)を三輪山にお鎮めになり、大物主神(おおもの ぬしのかみ)【詳しくは、やまとのおおものぬしくしみか たまのみこと】の御名をもってお祀りされたのが当神社のはじまりであります。
それ故に、本殿 は設けず拝殿の奥にある三ツ鳥居を通し、三輪山を拝するという、原初の神祀りの様が伝えられており、我が国最古の神社であります。
大三輪之神(おおみわのかみ)として世に知られ、大神をおおみわと申し上げ、神様の中の大神様 として尊崇され、各時代を通じ、朝野の崇敬殊に篤く、延喜式内社・二十二社・官幣大社として最 高の待遇に預かり、無比のご神格がうかがわれます。

おすすめポイント

・日本最古の神社で結婚式。
・生演奏で、神楽があります。
・施設が整っている。
・神社内で披露宴が可能。

1 2