1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アリューシャン列島にペルー…相次ぐ地震に日本への影響は?

アリューシャン列島やペルーで相次いだ大規模な地震。今のところ日本への影響はないようです。

更新日: 2017年07月18日

5 お気に入り 13962 view
お気に入り追加

・アリューシャン列島付近を震源とする大きな地震があった

USGS(米国地質調査所)は、日本時間7月18日火曜日午前8時34分に起きたアリューシャン列島西部での地震について、M7.4→M7.7に修正、震源の深さを10km→11.7kmに修正した。 pic.twitter.com/XJcbGDN4KD

日本時間の18日午前8時34分ごろ、アリューシャン列島付近を震源とする大きな地震

・アリューシャン列島とは?

アラスカ半島の先端から西方向へと弧状に連なるアリュ―シャン列島

全島が北緯52度から55度、東経172度から西経163度に位置し、環太平洋火山帯の一部を構成する。

フォックス諸島、フォー・マウンテンズ諸島、アンドリアノフ諸島、ラット諸島、バルディア島、ニア諸島、コマンドルスキー諸島からなる。

この地域は、海水による彫刻のような美しさを見せる海岸線、遥かに続く手つかずの自然溢れる景観が続いています。

・日本への影響は?

WTC(太平洋警報センター)では周辺諸国では0.3m以下の津波の可能性があるとされていました

気象庁は、震源周辺の津波の観測データなどを解析した結果、午前9時55分、「日本の沿岸では多少の潮位の変化はあるかもしれませんが、津波の被害の心配はありません」と発表

岩手県、宮城県、茨城県、千葉県、和歌山県、高知県など日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれないが、被害の心配はない

20センチ未満と予想され、18日夜にかけて続く可能性があるということ

・その後ペルーでも地震が起こった

アメリカ地質調査所(USGS)によると、地震の規模を示すマグニチュードは6.4。深さは44.1km

日本への影響は?

・相次ぐ地震にTwitterでは?

アリューシャン列島で、地震の規模M7.8後 ロシアとアラスカでM5クラスの地震が連続で起きている また、ペルーでもM6.4の地震が発生 ここんところM5クラスの地震はあちこちで起きている

なんか昨日〜今日にかけて太平洋沿岸のロシアやペルーで大きい地震が相次いでるな。 日本も要注意ですね。

ペルーもロシアも大きな地震が起きてるんだけど、きっと日本もそろそろどこか動き出すよ

1





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew

このまとめに参加する