1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

早くも話題に!2018年公開のアニメ映画の豊作ぶりがすごいぞ‼

「七つの大罪」がついに映画化へ…他にも2018年公開のアニメ映画が豪華すぎ!「あの花」を作った岡田麿里さん初監督作品の「さよならの朝に約束の花をかざろう」,時を超えて復活する「マジンガーZ」,そして「エヴァ」のスタッフが再集結して名作の続編が…!?期待しか出来ない作品たちをまとめてみました!!!

更新日: 2017年07月18日

critical_phyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
49 お気に入り 108578 view
お気に入り追加

大作ファンタジーがついに劇場へ…「七つの大罪」映画化決定!!

週刊少年マガジン(講談社)連載中で、鈴木央氏による人気漫画『七つの大罪』。このたび、新作TVシリーズが2018年1月より放送開始となることと、同年夏に劇場版を公開することが判明しました!

原作マンガは、7人の大罪人から組織された伝説の騎士団・七つの大罪の戦いを描くアクションファンタジー。

2014年10月にアニメ化され、16年8月には4週にわたり原作者描き下ろしの完全オリジナルストーリー『七つの大罪 聖戦の予兆』を放送。

「あの花」の脚本家が動き出す…「さよならの朝に約束の花をかざろう」が楽しみ過ぎる!

愛称はマリー。 埼玉県秩父市出身。人間関係の、特に恋愛、不和やすれ違いを描くことが多い。 特に「とらドラ!」の殴り合いや「selector」のあきらっきーに代表される女性同士のドロドロした人間関係描写は非常に有名である。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、彼女が企画を0から考えた初めての作品である。なお、ヒロインの一人安城鳴子の衝撃的なあだ名「あなる」は彼女が最初に提出した企画書ですでに決まっていたとのこと。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」「花咲くいろは」「黒執事」など数多の人気アニメの脚本を手がけ、近年は「暗黒女子」「先生!」など実写映画へも活躍の場を広げている。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ」の脚本を手掛けた岡田麿里さんが脚本と初監督を務める映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」が2018年2月24日に公開されます。

「true tears」「SHIROBAKO」などのP.A.WORKSがアニメを製作し、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」やアニメ「機動警察パトレイバー」などの川井憲次さんが音楽を手がける。

この時点で期待しかないです…

特報は、愁いを帯びた瞳で何かを見つめている少女に続いて、旗を織る手や石畳の街並み、大きな手が小さな手を取り合うシーンなど、約30秒間の映像の中に数々のイメージがテンポよくつなげられている。

岡田麿里さんが監督の映画なら素晴らしいに決まってるじゃないの……

「true tears」「SHIROBAKO」などのP.A.WORKSがアニメを製作し、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」やアニメ「機動警察パトレイバー」などの川井憲次さんが音楽を手がける。

この時点で期待しかないです…

時を超えて伝説が蘇る…「マジンガーZ」の衝撃の新作を見逃すな!

巨大な人型ロボットに主人公が乗り込み操縦するという、「巨大ロボットアニメ」と呼ばれる分野に分類される初めての作品である。

永井豪が原作を担当したロボットアニメの金字塔的作品。黒を基調としたZの怪物的デザインやジェットスクランダーなどのメカや主人公兜甲児にあこがれ、当時の子供たちはジャンボ・マシンダーや超合金などのおもちゃで遊ぶことが大流行。

日本国内では最高視聴率が30%を超えるなど歴史的なヒットとなり、海外でもヨーロッパなどで人気を博した(スペインでは視聴率70%を記録した)。放送話数全92話という記録は、ロボットアニメ史において未だに破られていない。

漫画家・永井豪氏の画業50周年を記念して製作される「劇場版マジンガーZ(仮題)」の国内公開日が2018年1月13日に決定。

兜甲児が操るマジンガーZが悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国から平和を取り戻してから10年後の物語。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜は、富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する。

日本に先駆けた世界先行公開が決定しており、先日は、世界最大規模のアニメ映画祭として名高い、フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭に原作者の永井豪が初登壇、熱狂的なファンの見守る中、盛大なプレゼンテーションを敢行。

早くも盛り上がりがすごいことに…!

今更なこというけどマジンガーの新作すげぇ面白そう。俺の大好きなブレストファイヤーにも期待して良いよな

嬉しいサプライズ!「フリクリ」続編がついにスクリーンで見られる!!

変だけどカッコイイ、切ないのになんかユルい。2000年から2001年にかけてOVAとしてリリースされ、いまなお根強いファンの多いアニメ『フリクリ』。

ガイナックスと Production I.G が制作し、国内DVD販売数は累計約25万本の大ヒットを記録。2003年には米国カートゥーン ネットワーク社の Adult Swim 内で吹替え放送され、海外でも根強く支持されている。

1 2





個人的な趣味嗜好ばかりまとめてます。みなさまのお役に立てれば嬉しいです。
アニメ,漫画,声優…時々芸能や料理をまとめてます!!