1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ネット上も騒然。「ヒアリで年間100人死亡」はガセだった…

『アメリカで年間100人死亡』は誤情報だったとのこと…しかし『ヒアリが危険な生物である』という事実は変わらないようです。

更新日: 2017年07月19日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 142008 view
お気に入り追加

■日本各地で相次いで発見されているヒアリ

5月下旬、兵庫県尼崎市に運ばれた中国からの貨物コンテナ内で国内で初めて発見。

その後、名古屋港や大阪南港などでも相次いで確認され、これまでに6都府県で8回発見されている。

7月14日には、横浜港の本牧ふ頭(横浜市中区)で大量のヒアリが見つかった

コンテナヤード内のアスファルトの割れ目内(縦・横20~40センチ、深さ10センチ)で、ヒアリを700匹以上確認。

働きアリのほか、羽のあるオスが5~10匹、さなぎと幼虫がそれぞれ100匹以上確認され、繁殖していた可能性が高いという。

女王アリはまだ見つかっていない

■「ヒアリ」とは?

近年、アメリカや中国などに移入分布している南米原産のアリ


別名は「殺人アリ」

アルカロイド系の毒と強力な針を持ち、攻撃性も非常に高い。

刺されると激痛が走って患部が膿を持ち赤く腫れ上がり、まれにアナフィラキシーショックを起こし、死に至る場合もある。

今、話題のヒアリ怖いな ((((;゚Д゚))))))) 蜂に刺されるのと同じやん pic.twitter.com/CVzWO5wEPR

■ところがいま、”ある事実”が判明し話題となっている

7月18日、環境省はヒアリによる死亡例が確認できなかったとして、ホームページから一部の表現を削除した。

ヒアリの毒性について環境省は、アメリカ農務省の報告などに基づいて「アメリカで年間100人程度の死亡例がある」としてきた。

これを受け、環境省は先月下旬に「アメリカ国内で年間100人以上が死亡した」という表現をホームページなどから削除したという。

■皆さんの反応

ヒアリの死亡例が世界中で1件も無かったから環境省のヒアリの記述変えたって…。 誰がヒアリで100人以上死んでるって言ったのwwwww

ヒアリは実は死亡例ないって、今更ですか。 いずれにせよ良かった! 安心した親御さんは多いはず。

「海外ではヒアリによる死亡例が!」 ↓ 確認できませんでした。ガセでした 「大麻は過剰摂取での死亡例が!」 ↓ 確認できませんでした。ガセでした 「携帯電話でペースメーカーが停止し死亡!」 ↓ 確認できませんでした。ガセでした 政府だっていきおいで発表しちゃうこともあるさ

ヒアリ死亡例確認できず 環境省HP削除…国とあろうものが、、、いい加減な情報流さないでね。とりあえず、ほっとしたけど、外来種は早めに駆逐を!#日テレNEWS24 #日テレ #ntv news24.jp/articles/2017/…

なにやら世間はヒアリが話題になってるようだけど、外で刺されるならスズメバチだって一緒だし、屋内で出くわすなら他の害虫も侵入できてるから何も変わりはしない。 相対的に死亡率が上がるって言われても、ヒアリを気にしすぎるストレスで熱中症の発症率のほうが高くなりそうだ。

ヒアリ死亡例確認できずのニュース でヒアリが不死なのかと驚く

■しかし、だからといって警戒を緩めるべきではない

環境省の担当者は「『米で年間100人死亡』については裏を取れていないが、全く死亡例がないというわけではない」

実際にアメリカでは複数の死亡例が報告されている

「過剰に恐れすぎることはないが、警戒は怠らないで欲しい」と注意を呼び掛ける。

日本のアリの多くは、1000匹程度が1つの巣を作るが、ヒアリは多いもので100万匹にもなる。

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。