1. まとめトップ

米ヒアリ死亡例に様々な声‥環境省は引き続き注意を呼びかけ

強い毒を持つ「ヒアリ」これまで米で年間100人の死亡例を不正確とし環境省が削除し話題…経緯や報道に疑問を問う声も

更新日: 2017年07月19日

0 お気に入り 1291 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

連日各地で報道されるヒアリ問題が話題

輸送コンテナなどに紛れ込んだとみられる南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が5月以降、5都府県の港や内陸部で見つかっている。

そうした中、ヒアリに関する特徴や事例や死亡説が報告されていた

体長2.5~6ミリで赤茶色。主に公園や農耕地などにドーム状の巣を作り、集団で活動する。

・さらにアメリカでの死亡例を報道する記事も

ヒアリの毒性について環境省は、アメリカ農務省の報告などに基づいて「アメリカで年間100人程度の死亡例もある」などとしてきた

しかし、専門家からの指摘が…環境省が一部表現を削除

山本環境大臣は「専門家に聞いても確たる根拠が確認できず、死亡例は報告されていない」と述べた。

死亡例は台湾や中国でも確認されておらず、環境省は該当する表現をホームページなどから削除した。

「アメリカの研究者の報告でも“数十人死んでいる”という記述を見かけるが、確実な裏を取ることができなかった。全く死亡例がないと断言しているわけではない。過剰に恐れすぎることはないが、警戒は怠らないで欲しい」

一方で、環境省は引き続き注意を呼びかけています。

ヒアリに刺されてアレルギー反応の「アナフィラキシーショック」を起こして死亡した例がアメリカで確認されているとして、引き続き注意を呼びかけています。

ホームページの別の資料では「米国では多くの死者が出ているが、広く定着している台湾での死亡例は報告されていない」と説明しており、この記述は正しいという。

この一連のヒアリ報道にネットからも様々な反響

なんか、ヒアリの死亡例実はちゃんとわかってないんだって~~

ヒアリ、刺されると激痛らしいけど死亡例無いって、あんまり広まってない気もするけど? ヒアリが広がるのも困るけど、その辺のオバちゃん達が家の周りに殺虫剤撒きまくってんじゃないかって、そっちの方が心配。

@_Solenopsis 外来生物についての講義で、「アリに詳しい専門家の方で、ヒアリ警察という方が丁寧にヒアリについて解説している。メディアの情報に惑わされてはいけない。」などといった内容でした。

「ヒアリで死亡例は無い」との情報に安心することをヒアリホット事例というとかなんとか

1 2