1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

夏休みは東北へGO! 夏の白石市は魅力がいっぱい☆

夏休みにオススメの情報をご紹介します。今回は宮城県の白石市。宮城というと仙台市や松島市が有名ですが、実は白石市にも魅力がいっぱいです。

更新日: 2017年07月19日

6 お気に入り 2764 view
お気に入り追加

宮城県の白石市って、どこ?

宮城県の南部。蔵王連峰のふもとに位置する市です。宮城県ではありますが、どちらかというと福島県よりになります。

宮城県に属しているものの県都である仙台市と福島市共におよそ45km圏内に位置する。

同県仙台エリアとの関係はもちろん福島県側とも経済や文化など様々な面で密接な関係にある。

気になる白石の夏の魅力

武家屋敷で風情のある七夕飾りを見学しませんか?
自分の願いを短冊に記し、飾ることもできます。

七夕まつり(8月上旬)

夏の青空のもと、白石城の三階櫓(天守閣)の上から白石のまちを一望すると、あなたもお殿様になった気分をあじわえます。

夏の白石城

宮城県の温泉地の一つ。そして、白石といったら鎌先温泉といっても過言ではありません。

5軒の旅館が点在する。開湯は正長元年(1428年)。現在湯治を受け入れているのは1軒のみとなったが、1990年代までは湯治客も多かった。傷に鎌先として奥羽の薬湯としても有名。黄金風呂や部屋食が人気のすゞきや旅館、にごり湯や天狗風呂がある木村屋旅館など5件の旅館が点在している。

温泉街

白石蔵王の山頂にあるお釜。
こちらは宮城県内でも人気の観光スポットとして国内外から多くの観光客が訪れています。

御釜(おかま)は、宮城県刈田郡蔵王町と同県柴田郡川崎町の境界付近(境界未定地域)にある火口湖のことで、五色沼(ごしきぬま)とも呼ばれる。蔵王連峰の観光のハイライトとして知られる。

蔵王エコーラインから蔵王ハイライン(有料道路)を登った駐車場に車を止めると、レストハウスまで徒歩3分、御釜の展望台までは徒歩5分という環境を整えています。展望台まではバリアフリー対応になっていますので、どなたでも安心して観光が楽しめます。

水と、渓谷の岩をテーマとした公園。
国の天然記念物「材木岩」はぜひともご覧になってください!!

七ヶ宿ダムの下流に水と、渓谷の岩をテーマとした「水と石との語らいの公園」として設置。目の前は国の天然記念物「材木岩」が一望でき自然の造形美そのもの。

材木岩に沿って流れる白石川の河辺にあり、雄大な材木岩の景観と、おだやかな水面の公園が心をなごませてくれます。

夏の白石市へ行こう!

どうしても宮城県というと仙台市と思われますが、白石市もオススメです。穴場的なスポットも多いので、宮城へお越しの際は白石市にも立ち寄ってみてください!!

1





近くに行きたいさん

国内旅行が好きです。