出典 rulliさんがアップロード

奥寺康彦は日本史上最高サッカー選手。バルセロナでも監督経験(2位)がある世界的名将の勧誘で欧州参戦して、  欧州で9年間も大活躍した。

写真、中央はバルセロナで監督を務めていた時代のヘネス・バイスバイラー。
左は当時、欧州史上最高の選手と評されたオランダ代表、ヨハン・クライフ。

バイスバイラーは超一流選手と仕事をして来た監督だ。
彼はボルシアMG時代にネッツァー、フォックツなどの名選手と仕事をした。その後、バルセロナの 監督となった(彼はクライフと険悪関係になり、 僅か1年でバルセロナを去った)。
この後、彼はケルン監督に就任し1年目の1977年にドイツ杯に優勝した(元ドイツ代表司令塔の  オベラート、他にラルセンなど名選手が居た)。
そしてそのすぐ後、彼は奥寺康彦と出会い、
才能を見抜いて勧誘し、ケルンに入団させた。

この情報が含まれているまとめはこちら

奥寺康彦、日本史上最高の選手。    日本人は歴史を知らない為に凄さが分かっていない。

奥寺康彦。外国人枠2枠の厳しい時代に欧州最強リーグの1位や2位チームで外国人助っ人を長年に渡って務め、  ドイツ・ブンデス・リーガで優勝1回、2位3回という傑出した成績。欧州9年のうち3年は欧州最高の攻撃力の あるチームでシーズンを送った(欧州一の攻撃陣の1人だった)。まさに世界の一流選手。

このまとめを見る