奥寺康彦は欧州で戦った日本人の中で、最も攻撃力のあるチームに在籍した選手だ。

奥寺は1978年、ケルンでリーグ優勝した時、チームはリーグ最多得点(86得点)で優勝した。
このチームの得点率は欧州最高だった(1試合当たり得点率2.5。ボルシアMGと同率1位)。
(欧州5大リーグ全チーム[94チーム]中、最高)
他国の1位との比較は、以下だ。
1978年 ケルン、ボルシアMG(2.5)、レアル(2.3)、モナコ(2.1)、エバートン(1.8)。

奥寺がブレーメン在籍した最後の2年間(1985、86年)、
チームは得点率、欧州1位だった。
ブレーメンは1984-85、1985-86年シーズン、2年連続でブンデスリーガ最多得点で
「2年連続でリーグ戦1試合当たりの得点率が欧州1位」
故に、奥寺は
「欧州挑戦9年中3年。つまり3分の1は欧州で最も攻撃力があるチームでシーズンを過ごした」
凄過ぎる話だ。

ブレーメン最後の2年間の具体的な成績は以下だ。
1985年、
ブレーメン(2.6)、バイエルン(2.3)、エバートン(2.1)、バルセロナ(2.0)、レアル(1.6)

1986年、
ブレーメン、レアル(2.44)、バイエルン(2.4)、リバプール(2.1)、バルセロナ(1.8)

(1980年代は、イングランド1部は年間42試合で、ブンデスは34試合で
イングランドは試合数が8試合も多かった。
しかし、1985年は、試合数が少ないにも関わらず、
得点数、得点率共に、ブレーメンが欧州1位でした。
翌1986年は、得点数はリバプールが欧州1位でしたが、
得点率はブレーメンが上で、レアルと同率で1位でした)。


1980年代中頃、ブンデス・リーガは現在より強豪リーグでした。
その中でブレーメンは最も攻撃力が高く、「攻撃の成績」は欧州最高でした。
当時、ドイツ人選手のレベルが高く、他国を上回っていた。
現在、攻撃力では、日本人はスペインが一番でレアル・マドリード、バルセロナが頭に浮かぶだろうが、1970~80年代は違い、ドイツは1984年まで欧州1位リーグで、スペインより上だった
(ドイツは欧州のカップ戦で最も好成績を残し、
欧州リーグ・ランキングは1976~84年までずっと1位。
1985年は3位、1986年は2位でした)。

ブレーメンが1位だった2年間は、
 1984-85シーズン、18勝(34試合)で、5勝が5得点以上。
 1985-86シーズン、20勝(34試合)で、5勝が5得点以上。
で、『5点以上の大量得点勝利』が全勝利の4分の1以上だ。 凄い破壊力だ。

という訳で日本人には意外な事実だろうが、奥寺の在籍チームは現在香川が在籍するドルトムント
より得点率は高く、遙かに大量得点勝利が多い。
私独自の定義で「5得点以上を大量得点勝利」とすると以下が、奥寺が出場した大量得点試合である。総計26試合もある。
以下の全試合に奥寺康彦は出場した。

【ケルン 1977-78】(3試合)〔注:この年、ケルンは「計6試合の5得点以上勝利の試合」があった。奥寺が出なかった試合で他に3試合、5点以上得点した〕

25d.  6-1  ハンブルガー
29d.  5-2  デュイスブルク
34d.  5-0  ザンクトパウリ

【ケルン 1978-79】(2試合)
15d.  5-2  ボーフム 
24d.  5-0  ドルトムント
 
【ケルン 1979-80】(3試合)
05d.  8-0  ブラウンシュバイク
20d.  6-3  デュッセルドルフ
33d.  5-0  ブレーメン

【ブレーメン 1981-82】(1試合)

33d. ブレーメン 5-1 デュイスブルク

【ブレーメン 1982-83】(3試合)
28d.  6-0  ブラウンシュバイク
29d.  5-2  デュッセルドルフ
32d.  5-1  ビーレフェルト

【ブレーメン  1983-84】(4試合)
02d.  5-2  ボーフム
15d.  8-1  オッフェンバッハ
18d.  5-0  マンハイム
28d.  5-2  ユルディンゲン
  
【ブレーメン 1984-85】(5試合)
03d.  6-2   ケルン
09d.  5-2   ハンブルガー
13d.  7-1   カールスルーエ
17d.  6-0   ドルトムント
31d.  6-1   カイザースラウテルン 

【ブレーメン 1985-86】(5試合)
02d.  8-2  ハノーバー
14d.  6-1  ユルディンゲン
17d.  6-0  シュツットガルト
24d.  7-3  デュッセルドルフ
30d.  5-0  レバークーゼン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

奥寺康彦、日本史上最高の選手。    日本人は歴史を知らない為に凄さが分かっていない。

奥寺康彦。外国人枠2枠の厳しい時代に欧州最強リーグの1位や2位チームで外国人助っ人を長年に渡って務め、  ドイツ・ブンデス・リーガで優勝1回、2位3回という傑出した成績。欧州9年のうち3年は欧州最高の攻撃力の あるチームでシーズンを送った(欧州一の攻撃陣の1人だった)。まさに世界の一流選手。

このまとめを見る