1989-1990 R.マドリード(西) 2.7:101得点(38試合):1位 <H.サンチェス在籍>
1990-1991 バイエルン(独)  2.2: 74得点(34試合):1位。
1991-1992 バルセロナ(西)  2.3: 87得点(38試合):1位。
1992-1993 バルセロナ(西)  2.3: 87得点(38試合):1位。
1993-1994 バルセロナ(西)  2.4: 91得点(38試合):1位【バルサ得点率3連覇】
1994-1995 ブレーメン(独)  2.1: 70得点(34試合):2位。
1995-1996 ドルトムント(独) 2.2: 76得点(34試合):1位。
1996-1997 バルセロナ(西)  2.7:102得点(38試合):2位<ロナウド[BRA]在籍>
1997-1998 A.マドリード(西) 2.1: 79得点(38試合):7位。
1998-1999 バルセロナ(西)  2.3: 87得点(38試合):1位。
1999-2000 マンチェスター(英)2.6: 97得点(38試合):1位【英国初、得点率1位】

2000-2001 R.マドリード(西) 2.1: 81得点(38試合):1位。
2001-2002 マンチェスター(英)2.3: 87得点(38試合):1位。
2002-2003 R.マドリード(西) 2.3: 86得点(38試合):1位。
2003-2004 ブレーメン(独)  2.3: 79得点(34試合):1位。
2004-2005 アーセナル(英)  2.3: 87得点(38試合):2位。
2005-2006 ブレーメン(独)  2.3: 79得点(34試合):2位。
2006-2007 ブレーメン(独)  2.2: 76得点(34試合):3位。
2007-2008 R.マドリード(西) 2.2: 84得点(38試合):1位。
2008-2009 バルセロナ(西)  2.8:105得点(38試合):1位 <メッシ、在籍>
2009-2010 チェルシー(英)  2.7:103得点(38試合):1位。

2010-2011 R.マドリード(西) 2.7:102得点(38試合):2位。
2011-2012 R.マドリード(西) 3.2:121得点(38試合):1位。
2012-2013 バルセロナ(西)  3.0:115得点(38試合):1位。
2013-2014 R.マドリード(西) 2.7:104得点(38試合):3位。
2014-2015 R.マドリード(西) 3.1:118得点(38試合):2位。
2015-2016 バルセロナ(西)  2.9:112得点(38試合):1位。
2016-2017 バルセロナ(西)  3.0:116得点(38試合):2位。
2017-2018 パリSG(仏)    2.8:108得点(38試合):1位。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

奥寺康彦、日本史上最高の選手。    日本人は歴史を知らない為に凄さが分かっていない。

奥寺康彦。外国人枠2枠の厳しい時代に欧州最強リーグの1位や2位チームで外国人助っ人を長年に渡って務め、  ドイツ・ブンデス・リーガで優勝1回、2位3回という傑出した成績。欧州9年のうち3年は欧州最高の攻撃力の あるチームでシーズンを送った(欧州一の攻撃陣の1人だった)。まさに世界の一流選手。

このまとめを見る