出典 rulliさんがアップロード

1980年、奥寺はヘルタ・ベルリンに 所属した。             ヘルタは「123得点(42試合)」で「ブンデス2部、最多得点」記録を  作った。

写真は ヘルタ・ベルリン時代、奥寺。

1980年、シーズン開幕2カ月後から入団し、
活躍した。25試合8得点
(奥寺は、ボランチ、右SBを務めた)。
チームは「42試合で123得点」も挙げ
「ブンデス2部、シーズン最多得点」記録を
作った。
未だに破られていない(2019年、現在)。
得点率は2.9で、史上2位。
前年、ビーレフェルトが120得点(38試合)で
得点率3.2を記録していた為、2位。

奥寺の行くチームは「攻撃の成績」が素晴らしい。
彼は得点能力が高いMFではないが
クロスを上げアシストし、
前線でヘディングでチャンスを作った。
それらは「チーム得点増」の要因を作った。

この情報が含まれているまとめはこちら

奥寺康彦、日本史上最高の選手。    日本人は歴史を知らない為に凄さが分かっていない。

奥寺康彦。外国人枠2枠の厳しい時代に欧州最強リーグの1位や2位チームで外国人助っ人を長年に渡って務め、  ドイツ・ブンデス・リーガで優勝1回、2位3回という傑出した成績。欧州9年のうち3年は欧州最高の攻撃力の あるチームでシーズンを送った(欧州一の攻撃陣の1人だった)。まさに世界の一流選手。

このまとめを見る