1. まとめトップ

【ヒアリの近縁種】アカカミアリの最新情報をまとめました【特徴・毒性・対策法も紹介】

最近ヒアリが話題になっていますが、アカカミアリも徐々に勢力を広げています。今回はアカカミアリの最新情報、特徴、大きさ、毒性をまとめました。ヒアリとの違いについても触れています。

更新日: 2017年07月21日

1 お気に入り 1312 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

baseraさん

ヒアリによく似た赤い蟻

アカカミアリも毒針をもっており、人を刺すことができる。

大きさと特徴

体長3~5mm。

体色は赤褐色で頭部は褐色。

ちなみにヒアリの特徴は
2.5mm~6.0mm
全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色

生息地

アメリカ合衆国南部、中央アメリカ、南アメリカ北部、カリブ諸島を原産地とする。

世界各地の熱帯から亜熱帯に移入分布している。

日本では小笠原諸島の硫黄島、沖縄島・伊江島の在日米軍施設周辺に定着している。

ヒアリは南米に生息しています。

日本でも発見されている

今月8日にフィリピンマニラ国際港から出荷されたコンテナは、17日に大阪南港に水揚げされ、20日大阪府岸和田市に搬送コンテナから荷出しされたあと21日一旦空のコンテナとして南港に戻された。

翌日岸和田市に移動し、利用者が空のコンテナ内をチェックしたところ蟻を発見した。環境省に同定を依頼したところ、26日に特定外来生物であるアカカミアリ(Solenopsis geminata)と確認されたという。

NHKニュースには「今月20日に神戸港で見つかったアカカミアリが大阪・南港でも見つかっていた」とある。環境省によれば、先月日本で初めて発見がされたヒアリの周辺調査で「ヒアリが確認された場所から約120m東側の連続する亀裂2ヶ所において、

新たにヒアリに似た個体が約100個体確認されたため」殺虫処理の上サンプルを採取し調べたところアカカミアリだったという(環境省「神戸港におけるアリの調査状況報告について」)。

その後も続々と発見されている

アカカミアリが東京港や神戸港、名古屋港などで11件、アルゼンチンアリが成田空港や神戸港などで6件発見された。特定外来生物ではないが、イエヒメアリやオオズアリ属の仲間が福岡県の港から入るなど、ほかの外来アリも少なくとも16件、外来か在来か不明なのも2件あった。

残念なことに、アカカミアリについては、日本も定着している地域があります。

小笠原諸島の硫黄島、沖縄島・伊江島の在日米軍施設周辺に定着しています。

米軍の周辺施設には立ち入ることはできないですが、観光で訪れる際はお気を付けください。

出典まさこのいい話

被害について

世界中の貿易活動にともない、乗り物や物資に紛れ込んだりして分布を拡大していった。日本では在日米軍の輸送物資に混入したものと考えられている[2]。

小型の節足動物の捕食、在来アリの競合・駆逐、人への刺咬被害、餌となる甘露を提供するカイガラムシを本種が保護することによる農業被害など多くの問題を引き起こす[2]。

毒性について

刺されると、アルカロイド系の毒によって非常に激しい痛みを伴い、水泡状に腫れる
毒に対してアレルギー反応を引き起こす例もある(アナフィラキシーショック)


普通のアリに噛まれるとチクッとした痛みがしますよね。

この【アカカミアリ】の場合は刺されると痛みが強く、腫れます。

出典
元商社勤務ママの絶賛子育て奮闘ブログ

アカカミアリは、ヒアリに比べると毒は弱いですが、刺されると非常に激しい痛みを覚え、水疱(すいほう)状に腫れます。

毒の強さはヒアリより弱いけど、刺されたくないですね。

ヒアリに刺されると死ぬこともある

毒性が強く、毒針で刺されるとアレルギー反応により死に至ることもあるため、世界各地で大きな問題となっています。

人体への被害等を及ぼすことから、外来生物法により「特定外来生物」に指定されています。南米中部原産のアリですが、現在では米国をはじめ環太平洋諸国に定着しています。

攻撃性はそこまで強くない

攻撃性はそこまで強くないようです。

上記でも記載しましたが、巣に攻撃した場合に集団で襲ってくるという習性があるようなので、くれぐれも刺激しないよう注意しなければいけませんね・・・

小さなお子さんは特に気になって刺激してしまう場合もあるかと思いますので注意しましょう!

そして、腫れたり・痛みがある場合は【アカカミアリ】を疑って、早急に病院を受診してください。

出典元商社勤務ママの絶賛子育て奮闘ブログ

まず痛みの感じるとこに針など刺さっていれば抜きます!

無理に抜いたりはかえって危険なので気を付けてください。

アナフィラキシーショックなどの症状が現れ動けない時は

すぐに救急車を呼びましょう!動けるなら医療機関へすぐに受診をして下さい!

出典カズの気ままブログ。

愛知県の作業員が刺された【7月12日】

愛知県などは12日、毒を持つ特定外来生物の「アカカミアリ」が名古屋港の飛島ふ頭(愛知県飛島村)で見つかり、その際に30代の男性作業員が両手首を刺されたと発表した。男性は病院で手当てを受けたが、健康上の問題は生じていないという。

出典アカカミアリに刺される=作業員が名古屋港で

▼ヒアリとアカカミアリを比べてみた

ヒアリの方が少し黒っぽい

アカカミアリは腹部の毛が少し濃い

背中のコブ、色、触覚はほぼそっくりなので素人では見分けがつきにくいです。
ヒアリとアカカミアリの画像を見ると神経衰弱みたいです^^

1 2