記録的な高海水温で、石西礁湖などのサンゴが「大規模白化の恐れ」と報じられたのは7月下旬。

県内各地でその後、多くのサンゴが白化しているという。「沖縄の宝」サンゴ礁の大きなダメージは、貴重な生態系を奪うのみならず、観光業にも影響を及ぼす可能性もある。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

海水温の上昇などで約7割のサンゴが死滅! 「白化」を防ぐ物質を発見

沖縄県にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖(せきせいしょうこ)」の岩場で昨年夏の半分以下に減少したと発表した。

このまとめを見る