サンゴがストレスを受けると、体内の植物プランクトンが抜け出てしまい、白い石灰質の骨格が透けて見えるようになります。

出典国内最大のサンゴ礁で白化現象、「将来サンゴが消える可能性も」と専門家 | THE PAGE(ザ・ページ)

これを「白化(はっか)現象」と呼び、光合成によるエネルギーを得られなくなったサンゴは、やがて死に至ります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

海水温の上昇などで約7割のサンゴが死滅! 「白化」を防ぐ物質を発見

沖縄県にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖(せきせいしょうこ)」の岩場で昨年夏の半分以下に減少したと発表した。

このまとめを見る