「白化」を防ぐ物質を発見

京都大学の植田充美農学研究科教授、青木航同助教、元根啓佑同博士課程学生(日本学術振興会特別研究員)および、東京大学の高木俊幸助教らと、東京大学、早稲田大学、筑波大学、沖縄科学技術大学大学院、京都市産業技術研究所・京都バイオ計測センターの研究グループが発表した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

海水温の上昇などで約7割のサンゴが死滅! 「白化」を防ぐ物質を発見

沖縄県にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖(せきせいしょうこ)」の岩場で昨年夏の半分以下に減少したと発表した。

このまとめを見る