1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

こんな食器いいかも♪”理科の実験チック”なキッチンアイテム❽選

キッチンのアクセントになる実験チックなアイテムをまとめました

更新日: 2017年07月22日

jetwskyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
104 お気に入り 39658 view
お気に入り追加

■『TGIのフラスコ』■

研究室や医療機関で使われるガラス製品を生産しているTGI社

ガラスの産地で有名なドイツ チューリンゲン州、イルメナウに工場を構え、ビーカーや試験管、管状のガラスなど研究室や医療機関で使われるガラス製品を生産しているTGI社。

実験室や研究室で使われる「フラスコ」や「ビーカー」。
一般家庭で使うと、実用的でありながらインテリアのアクセントにもなります。

また、主張しすぎないシンプルなデザインが周りのインテリアとも馴染みます。

■『ビーカーワイングラス』■

ワイングラス用途だけでなくパーティでディップソースを入れてもいいです

化学実験用ガラス製品をテーブルウェアにするメリットは2つある
1つ目は、化学実験用ガラス製品の機能性の高さ。
2つ目は、デザイン自体の素晴らしさ。

■『コニカル』■

コーヒーやジュース、ドレッシングをいれてそのままサーブしてもグッド

耐熱性が良く熱衝撃(ヒートショック)に強い。
オーブンや電子レンジでも使用が可能であり、キッチンアイテムとしても優秀です。

口が付いていて溢れにくいので使いやすい。熱湯消毒もできるので衛生的に使えて嬉しい。

■『コーヒードリッパー ”リカドリ君”』■

理化学用耐熱ガラスの専門店
リカシツオンラインショップ
というのがあって、
実験用のガラスを使ったドリップスタンド
が売られています。

理化学的珈琲ドリップスタンド
その名も「リカドリ君」。

Q:リカドリ君のロートに、コーヒーの粉が何グラム入りますか?(何名分のコーヒが取れますか?)
A:1杯 180mlに対してコーヒー粉が10gが一般的なのですが、リカドリ君のロートでは約30g 3杯分のコーヒー豆を取ることが出来ます。

1 2 3





日頃のちょっと気になったこと、目についたオモシロイ事をまとめています。読んでくれた方がほっこり、そして後味がいいと思って貰えればうれしいです。