1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

厳しい...J・ビーバーが「素行が悪い」を理由に中国公演が禁止になる

世界的にも人気が高いジャスティン・ビーバー。そんなジャスティンですが、なんと中国でのパフォーマンスが禁止になったみたいです。

更新日: 2017年07月23日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 70732 view
お気に入り追加

世界的にも人気が高いジャスティン・ビーバー

そんなジャスティンですが、なんと中国でのパフォーマンスが禁止になったみたい

アートを「健全なもの」とするという政府の目的の一環で中国公演を禁止されている

ある中国のファンが、ビーバーが北京で公演を行わないことについて、北京の文化庁に苦情を寄せたという

「素行不良」が原因か

この中でビーバーさんについて「かつて社会生活や公演活動中の一連の不良行為で大衆の不満を引き起こした」と指摘

「ジャスティン・ビーバーは才能ある歌手だが、問題のある若い外国の歌手でもある。中国の市場の秩序を保ち、中国の演奏環境を清浄にするため、素行の悪いエンターテイナーを国内に呼ぶことは適当ではない」とコメントしたという

これには様々な意見が上がっている

インターネット上では、飲酒運転での暴走のほか、2014年の訪日時に靖国神社を参拝したことも問題視されたのではないかと推測されている

ジャスティン中国での公演態度悪いから中止ってw さすがですわw

ジャスティン・ビーバーが素行不良を理由に中国での公演を禁止されている→共産党の解体は先ではないでしょうか?

ジャスティン及びそのファンはおそらく「お前が言うな」と思ってるよ。 中国当局、「素行の悪い」J・ビーバーさんは歓迎しない(AFP=時事) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-…

主な理由がチベット解放だったか。 ジャスティン・ビーバー、中国での公演禁止 #SmartNews barks.jp/news/?id=10001…

中国と言えば政府による検閲が厳しい国として知られる

中国のネット検閲(ちゅうごくのネットけんえつ)とは、中華人民共和国において実施されている、インターネットに対する検閲である

中国政府が執拗(しつよう)にインターネットを監視する中、政治に関するニュースや話題が厳しく検閲される

中国で言論統制が厳しさを増している。ネット検閲を合法化する法律が施行され、国際社会からの批判も強まっている

クマのプーさんも締め出しにあった

中国の検閲当局はインターネットからクマのプーさんを締め出した

丸っこくてふっくらして愛らしいプーさんの外見が、習近平国家主席に似ているとソーシャルメディアで評判になったため、検閲当局はプーさんの名前や画像の投稿をブロックしている

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。