1. まとめトップ

生きる伝説【イチロー】の生涯年収がなんと…

偉業を数々成し遂げるイチローの生涯年収がなんと…

更新日: 2017年07月23日

4 お気に入り 126046 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Kazu1225さん

偉業を数々成し遂げてきたイチロー

愛知県西春日井郡豊山町出身のプロ野球選手。
MLBシーズン最多安打記録保持者であり、プロでの通算安打世界記録保持者でもある。

数々の偉業を成し遂げてきたイチロー選手を紹介してきます

敵なしだったオリックス時代

入団1年目の92年からウエスタンで.366を記録し首位打者を獲得。さらにフレッシュオールスターでもMVPを獲得するなど、期待された存在でした。

そして3年目から仰木彬さんが監督に就任し、登録名を「イチロー」に変更すると大ブレイク。当時のリーグ新記録となる.385を記録しただけでなく、210安打を放っていきなり日本記録を更新してしまいました。

94年から2000年まで7年連続首位打者、特に95年には首位打者、最多安打、打点王、盗塁王の4冠を達成しています(ちなみに打点王と盗塁王を同時に獲得した選手はイチロー選手のほかにいないそうです)。94~96年には史上初の3年連続シーズンMVPを獲得、95年にはリーグ優勝、96年は日本一に輝きます。2000年には.387を記録し自身の持っていた打率の記録を更新

ではNPB時代の年棒推移

契約金4000万円、年俸430万円からのプロ生活スタート

94年に大ブレイクし、年俸が10倍の8000万

日本人最高年俸に。99年には5億円突破

<オリックス・ブルーウェーブ時代>
1992年 430万円(契約金4000万円)
1993年 800万円
1994年 800万円
1995年 8000万円
1996年 1億6000万円
1997年 2億6000万円
1998年 4億3000万円
1999年 5億円
2000年 5億3000万円

メジャー移籍

1年目から.350、242安打、56盗塁で首位打者、最多安打、盗塁王を獲得。

2001年~2010年まで10年連続の3割、200安打を記録。特に10年連続安打は史上初の快挙となりました。通算10回の200本安打も、往年の名選手であるピートローズに並ぶ大記録です。

マリナーズ時代の年棒推移

<マリナーズ時代>
2001年 約5億6666万円
2002年 約3億6960万円
2003年 約4億6666万円
2004年 約6億5000万円
2005年 約12億5000万円($12,500,000)
2006年 約12億5000万円
2007年 約12億5000万円
2008年 約18億円
2009年 約18億円
2010年 約18億円
2011年 約18億円
2012年 約18億円

ヤンキースへ移籍

史上3人目となる4000本安打達成

ブルージェイズ戦に「2番、右翼」で先発し、1回の第1打席で、相手の先発投手R.A.ディッキーから左前打を放ち、NPB/MLB通算4000本安打に到達した。

ヤンキース時代の年棒推移

<ヤンキース時代>
2013年 約6億5000万円($6,500,000)
2014年 約6億5000万円($6,500,000)

マーリンズ移籍

前人未到の安打世界記録達成

ピート・ローズの持つMLB通算最多安打記録4256安打にNPB/MLB通算安打で並ぶ。さらに第5打席でフェルナンド・ロドニーから右翼線の二塁打を放ちNPB/MLB通算4257安打となり、NPB/MLBの通算安打でMLB最多安打記録を更新する

アジア人初のメジャー3000安打達成

8月7日、敵地でのコロラド・ロッキーズ戦に「6番・中堅」で先発出場し、7回の第4打席でクリス・ルーシンからライトフェンス直撃の三塁打を放ち、史上30人目のMLB通算3000安打を達成。

マーリンズ時代の年棒推移

<マーリンズ時代>
2015年 約2億($2,000,000)
2016年 約2億($2,000,000)
2017年 約2億($2,000,000)

1 2