1. まとめトップ

暑い夏に最適☆山形ご当地ラーメンの冷やしラーメン

暑い夏に、食べてすっとする、山形県のご当地ラーメンのひとつである冷やしラーメンのご紹介。

更新日: 2017年07月24日

1 お気に入り 374 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

冷やしラーメンとは

冷やしラーメン(ひやしラーメン)は、山形県の郷土料理。日本の麺料理の一つ。その名の通り冷たいラーメンであり、スープも麺も冷たく、氷を浮かべることもある。冷やし中華とは異なり、通常のラーメンと同じようにたっぷりのスープに麺が浸されている。スープは醤油味が一般的で、冷やし中華のように酸味は強くない。
なお、北海道では冷やし中華のことを冷やしラーメンと呼ぶこともある。

山形県山形市本町のラーメン店「栄屋本店」の初代店主が、夏に冷たラーメンを食べたいという常連客の要望で開発を始め、試行錯誤の末、1952年に完成させた。
山形市は1933年7月に気温40.8度を記録し長らく日本最高記録だったほどであり、夏は暑い。温かいラーメンの需要は落ち、冷たい蕎麦からの発想で、ラーメンも冷たくなったのではないかと、ラーメン評論家の大崎裕史は推測している。

山形ラーメンは、醤油味が圧倒的に多く、山形の冷やしラーメンも同様に醤油味がほとんどである。山形の冷やしラーメンが東京圏に知られるようになったのは2000年頃である。2013年頃の東京での冷やしラーメンは、煮干しから出汁をとったものがトレンドになっており、塩味、トマト味、豚骨味など各店舗でのバリエーションも豊かになってきている。

おいしそうな冷やしラーメンギャラリー

氷を入れてキンキンに冷やすものも。

器や盛り付けでさわやかな感じに。
冷やし中華と違い酸味を出したり、からしをつけたりはしません。

1