1. まとめトップ

LCCエアアジアXで行く関西国際空港(KIX)発ハワイ行き!

エアアジアXに乗ってハワイに実際に行ってきたのでレポートします。是非とも旅のご参考に。情報が古かったり間違っている箇所もあるかもしれませんので、必ず自身にてお調べになってくださいね。

更新日: 2017年09月09日

6 お気に入り 48096 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Rostfarbenさん

●エアアジアXって?

エアアジア X (AirAsia X) は、マレーシアの航空会社であり、中・長距離路線を運航しているエアアジアの関連会社である。

●エアアジアXの特長

●LCC(格安航空会社)だけあって航空券が非常に安い

●座席幅はピーチより少し広い

●LCCだけど第1ターミナル国際線から発着

●ハワイまでのフライト時間は7時間〜9時間 天候によってかなり変わります

●荷物について

●機内持ち込みの手荷物は2つまでOKだが、重さは合計で7kgまで。

●受託手荷物は1つ、高さ119cm×横幅119cm×奥行き81cm。重さは国際線 – 20kg / 25kg / 30kg / 40kg。

○超過受託手荷物
事前予約の許容量を超える荷物をチェックインされるお客様は、エアアジアの料金表に基づき、1kgごとに課金されます。

また、15kgの超過受託手荷物量枠をエアアジア国内線、エアアジア国際線チェックインカウンターで購入いただくこともできます。

受託手荷物は、オンラインで事前予約いただくと割引料金でご利用いただけます。空港のチェックインカウンターでは通常料金となります。

事前に手荷物の重さや個数がわかればWEBにて事前予約しましょう!

●ハワイに行く前にやらなくちゃ行けないこと

旅行会社経由の場合
旅行会社にてエアアジアXのフライト日程調整チケット予約・パスポート取得→ESTA申請
順番はどれからでもOKですがESTA申請にはパスポートが必要です。また、パスポート申請には時間がかかるので早めにしておきましょう。

個人でする場合
WEBにてエアアジアXのチケット予約・パスポート取得→ESTA申請
順番はどれからでもOKですがESTA申請にはパスポートが必要です。また、パスポート申請には時間がかかるので早めにしておきましょう。

0.パスポートの取得

1.自分でエアアジアXの航空券を事前購入。または、HIS等の旅行会社を通じて購入

2.ESTAの申請

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。このオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません。

渡米する場合必ずESTAを申請し承認されないといけません。ESTAは自分で申請するか、旅行会社等に頼み申請を代行しやってもらうかの2択あります。簡単なので自分でやることをオススメしますが間違えると取り返しの付かないことにもなりますので、自身の無い方は代行してもらいましょう。代行代金は2000〜5000円

ESTA申請は必ず搭乗する人数分申請してください。

●ハワイ旅行に必要なもの

座席が狭くリクライニングも倒せないので、腰が痛くなる人は必ずクッション等を用意しましょう!

●座席番号がわかったら下記サイトで要確認

1 2