1. まとめトップ

調理しやすく多くの料理に用いられるひき肉

形が自由に変えられ、使いやすいひき肉の、おいしい様々な料理の紹介まとめです。

更新日: 2017年07月24日

1 お気に入り 1267 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

挽肉(ひきにく)とは

挽肉(ひきにく)とは、鳥獣類の肉を細かく切った、またはすり潰した食材。魚介類を原料にしたものはすり身と呼ぶ。食材として、そのまま調理されるほか、加工食品の材料にされる。
商品価値の低い屑肉(くずにく)が材料となる事がある。また成型ステーキなどの成型肉材料とされる事がある。

挽肉を利用した料理の歴史としては、東京の洋食店が「ミンスミートカツレツ」として売り出したと記録されている。のちにこれは「メンチカツ」と呼ばれるようになった。メンチカツやメンチコロッケは単に「メンチ」とも呼ばれる。ただし、ひき肉を使用したコロッケであっても「メンチ」とは呼ばないこともあるが、その境界線は定かではない。

牛肉を挽肉に加工した牛挽肉、豚挽肉、鶏挽肉などがある他、豚肉と牛肉の双方を素材として加工した挽肉、合挽肉なども。
稀に豚肉と鶏肉を加工することもある。

おいしいひき肉料理

そぼろ丼など、ひき肉を甘辛く炒めたものをごはんに合わせるメニューは多いです。

ひき肉料理動画

1 2