1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

連ドラでは主演女優賞受賞!最近の「多部未華子」が充実していた

十代の頃からその演技力で注目を集めてきた多部未華子。映画「ピース オブ ケイク」や「ツバキ文具店」で主演女優賞を獲得。舞台でも活躍し、カズオ・イシグロ原作「わたしを離さないで」でも主演を務めた。秋には主演舞台「オーランドー」や、櫻井翔の恋人役を演じるドラマ「先に生まれただけの僕」も控える。

更新日: 2017年11月17日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
25 お気に入り 89537 view
お気に入り追加

◆ナチュラルな演技で十代の頃から注目された多部未華子

『夜のピクニック』(2006)

監督:長澤雅彦
脚本:三澤慶子、長澤雅彦
出演:多部未華子、石田卓也

『HINOKIO』『青空のゆくえ』の演技で注目され、第48回ブルーリボン新人賞を受賞。

演技というより近所の女子高生の物語を見るような自然体で、等身大の青春感を体現できる女優としてズバ抜けていた。映画界での評価は高く、映画好きの間でも“ファン”というより“支持者”が多いタイプだった。

本人の高校最後の年に公開された『夜のピクニック』は、そうしたジュブナイル路線の頂点。友だちと夜空を見上げて交わす会話など小さなエピソードも胸に残り、多部のナチュラルな高校生らしさが存分に生きていた。

ジュブナイル=少年少女

朝ドラ『つばさ』(2009年)では、1,500人あまりの中からオーディションでヒロインに選ばれた。2010年にはエランドール賞新人賞を受賞するなど、その演技は高く評価されている。

◆その後、コメディエンヌとして役の幅を広げた

『デカワンコ』(2011)

脚本:伴一彦
原作:森本梢子
出演:多部未華子

刑事ドラマ『デカワンコ』(2011年)で主演を張ったことがある。ここではコメディエンヌとしての才能を開花させた。

シリアスな作品でも好演しているが、印象が強いのは『デカワンコ』など軽いノリのほうで、『ドS刑事』で輪をかけるだろう。

10代でナチュラルな演技を称賛されながら、20代になると伸び悩むケースも少なくない。ナチュラルとは対極の路線でも当てたことで、ドラマでも重宝されるようになった。

演技力はあっても、本来はコンスタントに連ドラの主役級に起用されるタイプでない。だが、鋭い目つきなど個性的な顔立ちは、キャラクターものにはこのうえなく生きる。玄人受けする実力派に留まらず、独自の立ち位置をうまく確立した。

◆大人の女性も演じるようになり、昨年は主演女優賞を受賞

『ピース オブ ケイク』(2015)

監督:田口トモロヲ
脚本:向井康介
原作:ジョージ朝倉
出演:多部未華子、綾野剛

『ピース オブ ケイク』で不器用で恋愛に依存するダメ女・梅宮志乃役に挑戦し、濃厚なラブシーンや激しい演技が話題を呼び。

第25回日本映画プロフェッショナル大賞の授賞式が5月3日(火・祝)にテアトル新宿で行われ、多部未華子は、「ピース オブ ケイク」「映画『深夜食堂』」での演技が評価され、主演女優賞を受賞した。

2016年

多部未華子は「ピース オブ ケイク」で第25回日本映画批評家大賞の主演女優賞も受賞。

2016年

◆今年は朝ドラ以来となるNHK連ドラで主演女優賞を獲得

多部未華子が、NHK総合で4月14日スタートの連続ドラマ『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』に主演。同局の連ドラに出演するのは、2009年の連続テレビ小説『つばさ』以来となる。

「主演女優賞」は、小川糸著の同名人気小説を実写化した『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』(NHK総合)で主人公・雨宮鳩子を好演し、物語の世界観を見事に体現した多部未華子が受賞した。

「コンフィデンス・ドラマ賞」

審査員からは、「多部さんくらいの歳でこの作品に溶け込める女優はそうそういない」(木村隆志氏/コラムニスト・コンサルタント)などと、ある日常を切り取った同作に流れる、優しくゆるやかな世界観を表現したことに対する賛辞が目立った。

『ツバキ文具店』で多部未華子が主演女優賞を取ったそうで凄く嬉しい。代書屋という昨今ありえないファンタジー的設定に仮託して、人と人との多様で複雑な絆・関係性を役者達の繊細な演技で描き出していたドラマ。そのど真ん中で堂々の主役振りだった♪ 加えて鎌倉の極楽感とか手紙グッズの楽しさ!

◆近年は舞台でも活躍 今年は主演舞台も控える

近年は舞台にも活躍の場を広げ’10年には野田秀樹作、松尾スズキ演出の「農業少女」の演技で第18回読売演劇大賞優秀女優賞および杉村春子賞を受賞するなど、舞台女優としても高い評価を得ています。

多部未華子が蜷川幸雄氏演出の舞台「わたしを離さないで」(彩の国さいたま芸術劇場)に主演。蜷川氏は多部も知っており、制作側が多部の名を出すと「いいね」と即決し、抜てきされたという。

2014年

2017年9月から10月にかけて『オーランドー』の上演が、神奈川をはじめ東京・長野・兵庫の4都市で決定した。主演の美貌の青年貴族オーランドー役は多部未華子に決定した。

まぁそんなことよりオーランドー当たってた〜!多部ちゃんをみれる!!!また楽しみが増えた!!

1 2