1. まとめトップ

【隠し事】行動から見抜く人の心理【虚偽発言】

嘘をつく大人が増えていますね?心理学的に嘘はどのように仕草や行動に現れるかを検証しましょう。

更新日: 2018年05月02日

11 お気に入り 16227 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

嘘をつかれていない(騙された)フリをすることよくあります。

嘘 - Wikipedia

嘘とは事実に反する事柄の表明であり、特に故意に表明されたものを言う。 アウグスティヌスは『嘘をつくことについて』(395年)と『嘘をつくことに反対する』(420年)の二論文において、嘘について「欺こうとする意図をもって行われる虚偽の陳述」という定義を与えている。この古典的定義は中世ヨーロッパの言論・思想界に大きな影響を与えた[2]。


嘘の歴史について語るとき、欧米圏では、旧約聖書に登場する話、カインが弟アベルを殺した後、アベルの行方を問われたカインが「知りません。私は永遠に弟の監視者なのですか?」と答えたことに言及され、それが「人類の最初の嘘」などと語られることが多い。(カインとアベルも参照)
多くの文化に於いて、基本的に、嘘は悪いこと、とされる。嘘をつくことは信用、信頼を失う。だが、嘘の中には文化的に許容されるものがある。どのような嘘が文化的に許容されるかは、その文化ごとに異なる。どこの文化でも我欲や虚栄心によってつく嘘は悪いものとされている。

嘘をつかず本当のことだけを話してもコミュニケーションは可能ではあるが、まったく嘘をつかない、という制約があると、人間関係はむしろギクシャクする。こうして嘘は人間関係の維持に役立つ面がありはするが、やはり、人に対して悪意のある嘘が頻繁に語られるような状況では、嘘をつかれた人は疑心暗鬼になり、一般的に人間関係は悪化する傾向がある。

大多数の人は、ある程度の言い訳や責任転嫁などの嘘は無意識的、日常的に行っているので、こうした行為は(道義的、モラル的にはともかくとしても)一応、学問的・精神医学的に言えば「正常」の範囲内である(学問的には、あるべき姿やモラルは脇に置いて、統計的に数が多ければ「正常」、少なければ「異常」と分類することが多いのである)。ただしそれも常識的な範囲を超えたり、統計的に見て一般的な範囲を逸脱するような程度になると、心理学・精神医学的には「虚言癖」や「作話症」などに分類されるようになる [注 1]嘘は他者もしくは自分を欺くために用いられる。 [注 2]

嘘をつく動機や技術、事実との関係などによって、嘘は正負、両方の効果を及ぼしうる。
得をしようとして数字をごまかすことを「サバを読む」と言う[3]。 自分の年齢について嘘を言うことは「年齢詐称」と言う。 財務諸表に嘘の数字を記載することは粉飾決算と言う。

嘘の中には規模の大きな集団が組織的に行うものもあり、内容次第では社会に大きな影響を与える。

嘘の意を含む「ガセ」とは、一部の業界で使用されていた元隠語が一般に普及したものであり、もともとは「偽物」のことである。

犯罪と嘘
他人を嘘を用いて欺き錯誤に陥れることを詐欺といい、財産上不法の利益を得ることは詐欺罪である。悪徳マルチ商法や悪徳キャッチセールスなどの詐欺で使われる嘘、また交通事故の被害者を装う当たり屋なども悪質であり、利己的な利益のための嘘(虚偽)により他人に不利益をもたらすことは、法律において罰せられる。また、法律により宣誓した証人が虚偽の陳述をした場合は、偽証罪とされる。

嘘をつかないこと
人間だれしも多少は嘘をつくものであり、嘘をつかない人間などいない、という判断がある。それを元に、『私は嘘をついたことがない』が最大の嘘であるという説がある。

政治家は嘘をつくものとの定見があるが、同時に嘘をついてはいけない職業であるというのが建前でもある。日本の総理大臣であった中曽根康弘は消費税導入の可能性を問われたときに、その可能性を否定した上で、『この顔が嘘をつく顔に見えますか』とやって物議を醸した。

ことわざ
嘘から出たまこと
嘘も方便
嘘つきは泥棒の始まり
嘘も追従も世渡り
嘘も誠も話の手管
嘘をつかねば仏になれぬ

集団心理

群集心理の原型

群集心理に関する学問的研究の基礎は、イタリアの社会心理学者S・シゲーレ[2](Scipio Sighele)とフランスの社会心理学者ル・ボンによって固められた。シゲーレにせよル・ボンにせよ、19世紀末葉のヨーロッパにおける政治的、社会的激動期の混乱と茫漠(ぼうばく)たる不安を背景に、国家の運命をも左右しかねないほどの政治的躍進を遂げ、しだいに強力な階級に成長しつつあった民衆ないし労働者を群集としてとらえ、もっぱら群集の否定的性格をクローズアップした。シゲーレにとって、労働者階級はもっとも恐るべき群集であり、野蛮な暴動を企図する点において犯罪的群集であったし、ル・ボンにとっても、労働者階級にほかならぬ群集は、少数の知的貴族によって創造され指導されてきた文明を大規模に破壊する点において、やはり犯罪的であった。こうして、犯罪性、凶暴性、盲動性、衝動性、激高性、軽信性、被暗示性、偏狭性、知能的・道徳的劣等性などといった一連の病理的症候群が群集心理の原型とならざるをえなかった[1]。

その後、イギリス生まれの心理学者W・マクドゥーガル(William McDougall)は群集心理の特徴として、(1)過度の情動、(2)衝動性、(3)暴力性、(4)移り気性、(5)一貫性の欠如、(6)優柔不断、(7)極端な行為、(8)粗野な情動と情緒の表出、(9)高度の被暗示性、(10)不注意性、(11)性急な判断、(12)単純かつ不完全な推理、(13)自我意識、自己批判、自己抑制の喪失、(14)自尊心と責任感の欠如による付和雷同性、をあげたが、これらの心理的特性は明らかにシゲーレやル・ボンの業績の延長線上にあるといえる[1]。

目を合わせて話してくれない人の心理とは?

目を合わせない様子は、伏し目がちでうつむいたようになり、何かを隠しているように見えて、隠しごとをしていたり、嘘をついているんじゃないかという印象を与えることがあります。

また、自分や自分の話に興味がまるでないかのように見えて、コミュニケーションをうまくとることが難しい印象も与えます。嫌われているのかもしれないと誤解を受けて、ギクシャクして話がうまくかみ合わなくなってしまうこともあります。

このように、目を合わせないことは、マイナスな印象を与える効果があります。

たとえばその人が嘘をついているときには、その嘘を見抜かれないように目をそらします。人は図星なことを言われてドキッとすると、瞳孔が反応してしまうことがあり、その反応で嘘をついていることがばれてしまうからです。

【心理】目線を合わせない男性は何を考えてる?なぜか視線を逸らす理由とは

「後ろめたい何か」があるのかも?

あなたに対して後ろめたい事がある時も、男性は目線をそらします。例えば、
職場で:『仕事でミスをしたが言い出せない」
彼氏が:「貴女が買ったらダメ・と言った趣味関連の物をこっそり購入した」

お互い普通、もしくは良好な関係を気づいているのにもかかわらず、男性が目をそらす場合は上記のように「やべ・・・」という事を抱えている可能性があります。

こんな時は、探りを入れてみましょうb女性に比べ、男性は隠し事をするのが苦手です。「これかな?」という事に対して「ねぇ、あの仕事ってさ…」「この前ダメっていったやつの事だけど….」など、何気なく話を振ってみます。

当たっている場合、男性はいつもと違う口調になる・やけに饒舌になるなど、後ろめたい事を隠そうと必死になります。(この時も目をそらすケースが多いです)

そうなれば、あとはゴリ押しで白状させましょう。「隠しきれない」と思わせる事が出来れば、正直に話してくれるはずです。

そうなれば貴女もすっきり!相手も抱えていた負担がなくなるので楽になります。そして、なぜかわかったら必要以上に攻めるのはやめてあげましょう。

あまりにも追撃を激しくすると、男性が罪悪感を感じたり「この女怖い・・・」と、さらに目を逸らす原因になりかねません。

1. ボディランゲージを観察
① 人は嘘をつく時、罪悪感が生まれアイコンタクトを避ける傾向が有る。

目を合わさないようにしているなと思える仕草をみられば相手が嘘をついた可能性があります。

目元や視線を見れば、大体の人の感情、心理状態がわかる。

視線の心理について、視線で感情が分かるNLPアイパターンとはで詳しく紹介していますので合わせて読んでみてください。

例えば、視線が左上へ向いている場合はビジュアルイメージを頭の中で浮かべている、見た事の無いものを想像している可能性が高いとされている。

② 手で顔や口、のど、あごを隠す仕草をみせる。

鼻や耳の後ろ、肩をこする、触る動作が増える。その理由は人は嘘をつくと嘘が相手にばれないように顔や口元を隠したくなる。

また、嘘がばれてしまうんじゃないかという心配がストレスとなって伸しかかるのでほぐそうとして肩や耳の後ろを触る。

③ 体の動き、反応が全体的遅くなる。嘘をついたという罪悪感、見つかってしまうんじゃないかという心配で頭がいっぱいになり他の事に無関心状態になるので体の反応が遅くなる傾向がある。

などボディランゲージを観察することで嘘ついた人を意外と簡単に見抜くことができます。

2. 言動、表情を観察
① 人は嘘をつくと言葉と行動のタイミングがずれる。

例えば、プレゼントをもらって本当に嬉しい場合は嬉しい表情と感謝の言葉が同時に出るが、それほど嬉しくない場合は、ありがとうと言った後に表情が変わる。

一瞬の出来事ですがメンタリストは観察している。

② 人は嘘をつくと表情が口元に集中する。

例えば、自然な笑顔は口元や目元、あご、ほお、ひたいなど顔全体を使った表情になりますが嘘笑いは口元のみになります。

③ 言葉と表情がマッチングしない。

例えば、愛していると言っているが顔をしまめる。

3. 振る舞えを観察
① 人は嘘をつくなど悪い事したという認識があれば守備体制に入ります。

無罪の意識があれば攻撃体勢に入ります。

その姿勢を観察する事が嘘を見抜く重要な情報になります。

② 嘘をついた人は嘘と関連ある話題になれば居心地が悪くなり逃げたくなるのでその場から離れる。

逆に関連しない話題に移ると喜んで従います。

③ 嘘をつくと人はユーモアな表現が多くなる傾向がある。

嘘をごまかそうという心理が働くからです。

④ 嘘をついた人は罪悪感があるので守備体制に入ると上に述べました。

その現れとして自分と相手の間に物を置くことがあります。ガードしようという無意識の行動です。

4. 言葉遣いを観察
① 嘘をついた人は質問に対して答える時に質問で使われた表現をそのまま使う傾向がある。

例えば、「貴方は最後に残っていた赤いお菓子を食べましたか。」という質問に対して「いいえ、私は最後に残っていた赤いお菓子を食べていません。」と答える。

取っていないというアピールを強調したがるのでこのように質問で使った言葉をそのまま使い説明を膨らませようとする心理が働くからです。

② 人は嘘をつくと表現が雑になり、声が小さくなる。

罪悪感があり、自信がなくなった証拠です。

嘘の定義とは ( 心理学 )

ドイツの心理学者:シュテルン

「嘘とは、だますことのよってある目的を達成しようとする意識的な虚偽の発言である」

嘘をつく人の特徴
1)虚偽の意識がある
2)騙す意図がある
3)騙す目的がはっきりしている
4)罪や罰を逃れたり、自己防衛しようとしたりする目的がある


嘘のシグナル

嘘は、身体に現われる
1)腕を組み手を隠したり手の動きを抑えようとする
2)顔に触れたり唇を押し出したり笑い顔がなくなる
3)頬をこすり耳たぶを引っ張る髪の毛に触るなど

喉元や首に触れるしぐさの心理学

1 2