大多数の人は、ある程度の言い訳や責任転嫁などの嘘は無意識的、日常的に行っているので、こうした行為は(道義的、モラル的にはともかくとしても)一応、学問的・精神医学的に言えば「正常」の範囲内である(学問的には、あるべき姿やモラルは脇に置いて、統計的に数が多ければ「正常」、少なければ「異常」と分類することが多いのである)。ただしそれも常識的な範囲を超えたり、統計的に見て一般的な範囲を逸脱するような程度になると、心理学・精神医学的には「虚言癖」や「作話症」などに分類されるようになる [注 1]嘘は他者もしくは自分を欺くために用いられる。 [注 2]

嘘をつく動機や技術、事実との関係などによって、嘘は正負、両方の効果を及ぼしうる。
得をしようとして数字をごまかすことを「サバを読む」と言う[3]。 自分の年齢について嘘を言うことは「年齢詐称」と言う。 財務諸表に嘘の数字を記載することは粉飾決算と言う。

出典嘘 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【隠し事】行動から見抜く人の心理【虚偽発言】

嘘をつく大人が増えていますね?心理学的に嘘はどのように仕草や行動に現れるかを検証しましょう。

このまとめを見る