1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

新ライダーは天才物理学者‥9月スタートの仮面ライダービルドが楽しみすぎる!

特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作が「仮面ライダービルド」に決まり、9月にスタートすることが26日、明らかになった。脚本はドラマ「電車男」などで知られる武藤将吾さん。監督は数々の特撮ドラマを手掛けてきた田崎竜太さんが担当。ツイッターでは仮面ライダーWのデザインに似てるとの声も

更新日: 2017年07月27日

karumaru0505さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
24 お気に入り 84100 view
お気に入り追加

大人気「仮面ライダー」シリーズ

仮面ライダーとは、日本を代表する特撮ヒーローの一つ。原作者、漫画版執筆は石森章太郎(現・石ノ森章太郎)

本シリーズは同一の番組ではなく、仮面ライダーの名を冠した複数の番組が、登場人物や設定を変えながらシリーズとして続けられている作品

昭和ライダーは、劇中で「仮面ライダー」と呼ばれる。 平成ライダーは、劇中で「仮面ライダー」と呼ばれるとは限らない。

シリーズ最新作は「仮面ライダービルド」に!

【興奮】最新作『仮面ライダービルド』、9月3日あさ8時より放送スタート! news.livedoor.com/article/detail… 主人公は史上最高IQを持つ天才物理学者。突如出現した巨大な壁によって、日本列島が三つに分断された世界を描く。 pic.twitter.com/cuH7f2UCqo

“医療”と“ゲーム”という異色のモチーフと、予想のつかないストーリー展開で話題となっている「仮面ライダーエグゼイド」(毎週日曜朝8:00-8:30テレビ朝日系)。

その「―エグゼイド」に続く仮面ライダーシリーズの最新作、「仮面ライダービルド」の放送が9月3日(日)よりスタートする。

本作の主人公は「天才物理学者」

平成ライダー史上最高のIQを持つ天才物理学者が、戦いの場においてまるで「実験」するかのように二つの成分を組み合わせて、あらゆる姿に変身する。

まるで“実験”をするかのように変身していく

仮面ライダービルドは変身ベルト“ビルドドライバー”に、変身アイテム“フルボトル”を2本装填することで変身

フルボトルには「動物」や「機械」など、さまざまな成分がこめられており、それらの能力をボディに宿して戦うことができる。

「さあ、実験を始めようか」という言葉とともに、主人公がフルボトルの組み合わせを試しながら勝利の法則を編み出していく。

舞台は日本列島が3つに分断された世界

舞台は、火星で発見された謎の箱「パンドラボックス」を開こうとして出現した巨大な壁「スカイウォール」によって、日本列島が3つに分断された世界。

それぞれ東都、西都、北都という首都が生まれる中で、東都には“スマッシュ”と呼ばれる未確認生命体が出現し、人類を窮地に追い込んでいた。

豪華制作陣も凄い!

監督は、『仮面ライダーアギト』『龍騎』『555』『W』、さらには『アマゾンズ』など、数多くの「平成ライダー」作品を手がけてきた田崎竜太氏

脚本は『電車男』や『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』など、テレビドラマで活躍する脚本家の武藤将吾氏

『機動戦士ガンダム00』などのアニメ作品をはじめ、特撮ドラマ「ウルトラマン」シリーズでも『ウルトラマンネクサス』や最新作『ウルトラマンジード』の楽曲を手がける川井憲次氏が音楽を担当

1 2 3





ネットで話題になったことをまとめていきたいと思います。