1. まとめトップ

国分太一が「TOKIO」解散危機告白…ジャニーズ座談会が話題になっている

アイドルグループ・TOKIOの国分太一が、26日放送のTBS系情報番組『ビビット』(毎週月~金8:00~9:55)で、グループの解散危機を語った。

更新日: 2017年07月26日

1 お気に入り 21374 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○TOKIOの国分太一がグループの解散危機を語った

アイドルグループ・TOKIOの国分太一が、26日放送のTBS系情報番組『ビビット』(毎週月~金8:00~9:55)で、グループの解散危機を語った。

TOKIOの国分太一(42)、城島茂(46)、山口達也(45)、V6の坂本昌行(46)、長野博(44)の5人の座談会が放送された。

5人が、ジャニーズJr.時代の思い出や、それぞれのグループ解散危機などについて語った。

○ジャニーズのアラフォー5人による座談会の模様をオンエア

ビビット観たー*\(^o^)/*この椅子決して低い背もたれじゃないのに昌行くんの脚の長さよ…! pic.twitter.com/raKkAsBXqm

26日放送のTBS系「ビビット」は、ジャニーズのアラフォー5人による座談会の模様をオンエア。

ジャニーズ事務所に入所した経緯、合宿所生活や稽古の思い出など、今だから話せるジャニーズJr.時代の秘話などを語り合った。

ジュニア時代にともに過ごしていた合宿所での生活を振り返り、「すごかったよね合宿所って。ビリヤード台がリビングに2台もあってね」と、テレビやゲーム機、ソファ、日焼けマシンなどが完備されている豪華な設備に驚いたことを懐かしそうに語った。

○TOKIOの解散危機を告白

「ほかのバラエティ番組では話すことはあるんだけど、一番大切にしなきゃいけない音楽に対してみんな遠慮しがちになって話さなくなったときに、変な空気が流れた」と振り返った。

デビュー10周年を越えたあたりで、バラエティー番組では話をするが一番大切な音楽について話をしなくなった時があり、「変な空気が流れましたね」と振り返った。

○デビュー10周年を迎えて以降に訪れたTOKIOの解散危機

国分も「あんまり話さなかった時期があった」と、デビュー10周年を迎えて以降に訪れたTOKIOの解散危機について語り出した。

「すごいいい会で、涙ぐんで話すわけですよ。俺なんか、感極まって泣いたと思う」と感慨深げに話した。

○お互いに音楽についての思いを明かし、解散危機を回避

お互いに音楽についての思いを明かし、互いの思いに気づくことができ解散危機を回避。この話し合いを経て「ステージ一段上がった」と国分は振り返っていた。

リーダーの城島は今の夢を「全員白髪になってもバンドやってること」と明かし、5人のメンバーが結束してバンド活動を続けることを誓っていた。

○このニュースはネットでも話題になっています

TOKIOって本当にいいチームなんだなぁ〜☜ビビット見たよ

ビビット見ました。 いろいろ思うところあるけど、最後のリーダーの言葉を信じてついて行きます。 「全員白髪になってもみんなでバンドやってる」 "バンド"って言ってくれたから… #TOKIO

1 2