1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

ゲームはどうなる?!…『Flash』のサポート終了で変わること

Adobeの「Flash」が2020年のサポート終了を発表しました。Flash PlayerにFlashゲーム、まだまだサポートして欲しい分野はあるだけに今後が気になります。

更新日: 2017年07月26日

33 お気に入り 70848 view
お気に入り追加

・Adobeの「Flash」が2020年に終了する

今日(米国時間7/25)、Adobeはその昔インターネットの世界で普遍的だったFlashのサポートを終了する計画を発表

これまでもブラウザからのサポートの打ち切りが宣告されるなど、その終了が徐々に近づいていたAdobe(アドビ)の「Flash」。

2020年の年末をもってFlashのアップデート及び配布を終了する。

Apple、Facebook、Google、Microsoft およびMozillaなどのベンダーと協力しながら、「Adobe Flash Player」の段階的な廃止と既存コンテンツの移行を進めるという。

・このニュースはネットでも反響を呼んでいる

今日のテスト終わってTwitter開いたらflashが終わることがトレンド入りしてて、めっちゃびっくりしてる

flash player後三年で終了とかマジか…… ニコニコはHTML版あるから良いけどDMMゲームやばく無いですか……?

・今さら聞けない「Flash」とは?

1996年に「Macromedia Flash」として登場したこの技術は、画像や音声を使ったコンテンツを作成するための規格

Flashの登場は静的だったインターネットに動的なコンテンツをもたらし、FlashアニメやFlashゲームが2000年代のインターネットの進化の一翼を担った。

しかし、脆弱性、高負荷といった問題を解決できず、セキュリティと省電力性が重視されるモバイルデバイスにおいてFlashが敬遠され、HTML5の普及と共にWeb標準技術への置きかえが進められてきた。

アプリ名としての「Adobe Flash」は、アプリがFlash以外の技術もサポートするようになったこともあり、2015年に「Adobe Animate」に変更されている。

・お世話になった「Flash」終了の歴史

Flashの"終わりの始まり"は、やはり2007年にアップルのスティーブ・ジョブズが公開した文書「Thoughts on Flash」と言える

ジョブズ氏は2010年、「Flashはクローズドでセキュリティ上の問題も多い」と批判し、まずiPhoneでの採用をやめている。

2015年には、Adobeもソフトウェア「Flash Professional」の名前を「Adobe Animate」へと変更。

MozillaのFirefox、GoogleのChromeブラウザ、MicrosoftのEdgeはそれぞれ、2015年あるいは2016年からFlashのブロックを開始

・なぜ終了してしまうのか

Chromeブラウザーの統計では、2014年にはまだ80%あったFlash使用サイトは現在では17%にまで低下したとされます。

きわめて広い範囲で使われている(かつ時代遅れになったバージョンがそのままになっている)ため、Flashは世界中でハッカーの攻撃のターゲットになっている。

近年ではHTML5、WebGL、WebAssemblyといったオープンなWeb標準技術が成熟しつつあり、これまで「Flash」が必要とされていたコンテンツのほとんどが、プラグインなしで実現できるようになっている。

ゲーム業界でも数年前から,Flashの段階的な終了を前提としたHTML5などへの移行が進んできた形だが,Flashの具体的な“終了のお知らせ”はインパクトがありそう

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew

このまとめに参加する