1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

新たに9号も発生!台風の「発生ラッシュ」が起きている

太平洋東部ではハリケーンも相次いで発生しているとか。こまめに最新の台風情報を確認した方がいいですね。

更新日: 2017年07月26日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 128245 view
お気に入り追加

■台風9号が発生!

7月26日12時、フィリピンの東にあった熱帯低気圧が、台風9号「ネサット」になった。

ネサット…カンボジアの言葉で「漁師」を意味

中心の気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。

1時間に15キロの速さで北北西に進んでおり、今後はやや発達しながら北よりに進む見込み。

【台風9号発生】 きょう沖縄の南にあった熱帯低気圧が台風へ変わりました。 今後台風は北上する見込みです。 今後の情報に注意して下さい。 pic.twitter.com/UPS3VZ3oG2

■日本の近海では台風5号も発生中

ノル―…韓国の言葉で「のろじか(鹿)」を意味

中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。

今年これまで発生した中で一番発達しており、このあとも海水温が高い海上を進む予想のため、さらに発達する見込み。

25日遅くに熱帯低気圧に変わった台風6号と「藤原の効果(相互作用)」をおこしていた影響で、複雑な動きをとっていた。

■8月初めは「2つの台風」に要注意!

【気象】台風6号発生 7月で7個目 今後の動きに注意 #2ch ニュー速+ asahi.2ch.net/test/read.cgi/… pic.twitter.com/xwp70ngqED

特に心配なのが台風5号

台風5号はしばらく本州の南海上を西へと進み、その後進路を北から北西方向に変えて日本に向けて接近。

8月の初め頃に九州や四国にかなり接近・上陸する恐れもあるとのこと。

ただ、現時点で今後の進路はハッキリとせず

台風5号が9号と接近することで再び「藤原の効果」をおこし、進路が予想し辛い状況となる可能性もある。

両台風のコースがハッキリとわからないため、こまめに台風情報チェックすることが大事。

■皆さんの反応

『進路は定まっておらず・・・』 多くの人から共感が得られそうな台風だなww twitter.com/tenkijp/status…

2つの台風が九州付近でぶつかった場合同一の場所に居座ると、あまり動かず座ってしまう可能性があるんだよな…あくまで確率だけど

■7月は台風の発生ラッシュに

今年は6月まで台風の発生数が2個と少なかったが、7月に入って相次ぎ発生。

7月に7個発生は23年ぶり

台風が7月に7個発生したのは1994年以来、23年ぶり(7月の平年発生数は3.6個)。

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。