1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

umakabukoさん

酷だけど…こんな態度は嫌い避け

嫌い避けしている男性の行動パターンや態度の特徴を紹介。本当は好きだけど恥ずかしいから避けるのとは違い、恋愛対象として興味がなく付き合ったり好意に応えるつもりもない場合は、ツンのみで「デレ」部分は無し!

1. 割り勘を徹底する

好きな女性の前では格好をつけたがる男性が多いなか、興味のない女性に対しては意外とクールに割り切る男の人も少なくありません。2人で出かけてカフェでお茶したりご飯を食べたときに、数百円のコーヒー代さえも絶対に奢らない場合は、「あなたは恋愛対象外だってことに気づいてね」というサイン。
あなたに対する些細な出費も惜しむようなら、よほどの「ケチ」か「奢りたくない」という脈なしの意思表示かのどちらかです。

2. 連絡に対して返事がない

プライベートの連絡をして相手からの返信がない。または返信はあるけれども簡潔的であったり、用件のみで終わってしまうという場合は、関わりたくない・距離を近づけたくないと感じている可能性が高く、嫌い避けである可能性が高くなります。

もし好き避けであれば、相手と関わりたいと感じているため、逆にプライベートの連絡が多くなったり、相手からの何気ないメールなどが増える傾向にあるからです。

連絡をした相手が仕事で忙しい場合、返信が返ってこないことはありますが、嫌い避けでなければ日付をまたいでも返信が来るでしょう。

3. 忙しいそうなフリをする

取りあえず忙しそうにしていればその場をしのげる。
嫌いな女性には距離を置きたいからこそ忙しいフリをします。
また何か理由を見つけては離れようとすることもあります。

4. 目を合わせない

目を合わせない行動も幼稚と言えば幼稚な好き避け行動です。「好き過ぎて目が合わせられない」「合わせたことにより永遠見つめてしまいそう」。頑なに目を合わせないのは実は重い気持ちから起こることも多いのです。

基本的に嫌い避けならば、目を合わせない徹底した行動よりも、目を合わせてしまって、どんよりとした表情を浮かべてしまいます。あきらかに「キモイ」的な表情で死んだような目で見つめていることがほとんど。

5. 話していても無表情…楽しそうじゃない!

相槌はたまに打つけど反応が薄すぎる。手元にあるもの(雑誌や携帯など)を頻繁に気にする。こういったように、あなた以外に意識を向ける動きが多い場合は残念ながら嫌い避けの可能性が高いかも…。

6. 何かを頼んでも拒否する

好きな人に何かお願い事を頼んだ時に、全力で否定された場合は嫌い避けのサインでもあります。その時も顔や相手の表情を見てみましょう。笑顔もなく無表情で断っていたり、嫌そうな顔をしている場合は本当に嫌だという気持ちが表れています。

7. 周囲に″嫌い″と話す

わざわざ周囲に″嫌い″だと話すのは、本当にその女性が嫌いだからという可能性が高いです。

周囲に嫌いだと伝えることで、自分の味方を作ろうとしたり、遠回しに嫌いな女性に嫌いだと伝えようとしているのです。

まさしくこれこそが嫌い避け行動だということ!

もしも周囲に「○○のこと嫌いって言ってたよ」なんて噂を耳にしたら、嫌い避けされている可能性が高いと思いましょう。

8. ボディタッチがあるかどうか

嫌い避けの場合には、ボディタッチをされることが最も嫌なことである為に、近づくことすらしません。同じ場所にいてもすぐに去ってしまったり、体が触れ合うほどの距離にいることもありません。もしボディタッチをしてしまったら、とても不快な態度をすることでしょう。

まとめ:優しさからの嫌い避けもある

「傷つけたくない」という善意や「嫌な人だと思われたくない」という保身から、本心を隠して接したばかりに相手に気を持たせて結果的に傷つけてしまったり、思わせぶりな態度を非難されるケースもあります。
また、キッパリと「NO」という意思を態度で示すタイプの場合、一見、冷たい性格の持主に思えますが「誤解を与えて傷つけたくない」という優しさも含まれていることもあるので、その点は酌んであげたいところです。

1