1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

居眠り運転撲滅!パナソニックのAIが変える日本の交通安全

パナソニックは運転手の眠気を検知・予測し、未然に居眠り運転を抑止する技術を発表しました。今年の10月より、自動車メーカーの開発にも導入されます。

更新日: 2017年07月27日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 14201 view
お気に入り追加

■パナソニックが居眠り運転抑止の技術を発表

パナソニックは7月27日(木)、新たに開発した、人の眠気を検知・予測し、覚醒状態を維持させるための眠気制御技術を発表した

■カメラやセンサーのデータをAIで分析

カメラ画像から測定した目の瞬き、眠そうな表情などをAIで処理し、初期段階の浅い眠気を検知

さらに、眠気がどう推移していくかも予測する

まばたきの回数に加え、センサーで計測した車内の明るさや運転する人の体の表面温度などから人工知能(AI)が、5~30分後の眠気を予測

■居眠りの予兆を検知して抑止する仕組みになっている

これから眠くなるとAIで判断すると、音楽を流したりエアコンで送風したりして、眠気を抑える

■最大で30分先の眠気まで予測できる

眠気のレベルは5段階で表示され、AI・人工知能を使って、推定する

15分後の眠気の状態なら70%の確率で予測でき、最大30分程度なら実用化が可能と見込んでいる

■多くの重大事故の要因となってきた居眠り運転

「運転中に眠くなることがある」と答えた人は40.4%で、「居眠り運転をしたことがある」と答えた人は20.3%

運転免許試験場における免許証の更新者数千人に対してのアンケートより

これまで多くの交通事故を引き起こす原因となってきた居眠り運転

なにかあってからでは遅いですし、居眠り運転は重大事故につながりやすいもの

■近い将来、居眠り運転が世の中からなくなる日がくるかもしれません

早速国会にまず導入して惰眠をむさぼるばか者どもをたたき起こせ RT @nikkei: AIが予測、空調・音楽で居眠り防止 パナソニック nikkei.com/article/DGXLAS…

そういえば、パナソニックの居眠り防止のAIの話、こんなの昔どこかがやってたなと思ったらベンツにそんな機能があったきが

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします