1. まとめトップ

日産・ルノー・三菱連合の販売台数が世界一に

日産・ルノー・三菱の3社連合が2017年上半期の自動車世界販売台数でフォルクスワーゲン、トヨタ、GMなどを上回って販売台数世界一になったというニュースをまとめました。

更新日: 2017年07月28日

0 お気に入り 1682 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moshi88さん

なんと「日産ルノー三菱」が2017年上半期の世界販売台数で1位に

日産自動車はフランスのルノーと三菱自動車工業を合わせたグループのことし上半期の販売台数が世界全体で526万台を超え、去年トップだったドイツのフォルクスワーゲンを上回りました。

日産自動車の発表によりますと、ルノーと三菱自動車を合わせたグループの世界全体の販売台数は、ことし1月から6月までの上半期で去年の同じ時期より6.9%多い526万8000台でした。

去年1年間の世界販売でトヨタ自動車を抜いて世界トップとなったドイツのフォルクスワーゲンは、去年より0.7%多い515万5600台だったので、日産・ルノー・三菱連合が上回ったことになります。

VW以外の自動車大手の同期実績は米ゼネラル・モーターズ(GM)が468万台。ルノー・日産連合が両社を上回るのは初めて。

日産自動車とルノーが世界最大の中国市場でそれぞれ販売を伸ばしたことに加え、去年10月に三菱自動車を傘下に収めたことが主な要因です。

トヨタ自動車は28日、2017年1~6月の世界販売台数が前年同期比2.7%増の約513万台だったと発表した。

日本や中国、ハイブリッド車(HV)が好調な欧州がけん引し、同期間として過去最高を更新した。ただ乗用車が苦戦する北米は落ち込んだ。日産自動車が34%出資する三菱自動車を含む仏ルノー・日産連合が世界首位となり、独フォルクスワーゲン(VW)もトヨタを僅差で上回った。

2016年の販売台数ランキングは

16年を通した年間トップはVW(1031万台)、2位はトヨタ(1017万台)、3位はGM(996万台)。ルノー・日産連合は僅差の996万台で4位にとどまっていた。

三菱自動車は2016年にグループの一員に

2016年10月、日産自動車が筆頭株主となり、ルノー=日産アライアンス の一員となった。

同年の12月14日、日産自動車会長兼社長のカルロス・ゴーンが代表取締役会長に就任。

三菱自動車は燃費不正問題などで販売台数が落ち込んでいましたが...

燃費不正問題の公表から1年3か月。三菱自動車が25日発表した17年4-6月期の連結決算は、当期損益が前年同期1297億円の赤字から229億円の黒字へと転換しました。

SUVやピックアップトラックが販売好調なアセアン地域でも販売が増加。

日産・ルノー・三菱の今後は

ゴーンは、ルノーがインドで販売する小型車をベースにアライアンス3社で共通の車台(プラットホーム)を使うことでコストを抑えた低価格EVを中国で投入すると明らかにした。
目標はあくまで「マスマーケットを変える」ことだとし、米テスラのような高級車志向と一線を画すとしている。

別の会社が新たに加わることもあるかもしれない

と、ゴーンはこのように語っています。

1