1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

5号と9号…日本列島に影響しそうなダブル台風の動き

一見日本列島に影響がなさそうな台風5号と9号。ただ、上空には梅雨前線があるため大雨や土砂災害に注意が必要です。

更新日: 2017年07月28日

7 お気に入り 55539 view
お気に入り追加

・2つの台風が日本列島に影響しそう

【台風情報】 28日3時現在の最新情報です。 今週末、台風5号は小笠原諸島へ接近。また、台風9号は沖縄・先島諸島に近づき、その後台湾を直撃する予想です。 weathernews.jp/s/topics/20170… pic.twitter.com/acJPjUhxr2

強い台風5号は、勢力を保ったまま29日にかけて小笠原諸島に接近するおそれがある

いずれの地域も次第に風が強まり波が高くなる見込みで、気象庁は十分注意するよう呼びかけています。

夏休みに旅行など予定されている方は最新の情報をこまめにご確認ください。

・進路が気になります

来週の台風の動きが気になる お願いだからこっちに来ないでーっ‼️

台風の動きが気になるところです。気象庁の情報を見るしかありません。

とりあえず台風5号の移動先が気になる 来週になっても全然消えなさそうだし

・まずは台風5号の進路から

【台風5号実況・予報 2017年07月28日 09:53】 台風5号は、小笠原近海を毎時30キロの速さで西南西に進んでいます。 pic.twitter.com/IILiTJPT5F

中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径80キロ以内では風速25メートル以上の暴風

週末に小笠原諸島に接近し、しばらく居座るおそれがある。

関東など陸地にも湿った空気が流れ込みやすくなるため、天気が不安定となる。

・そして9号の進路は?

一方、台風9号は28日現在、沖縄の南の海上を北北西に時速15キロで進んでいる。

中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径60キロ以内は25メートル以上の暴風

このまま勢力を維持して、あす朝には石垣島沖に到達し、そのまま台湾を直撃し、週明けには中国南部に到達する

29日は、非常に強い風が吹いて、海上はうねりを伴って大しけとなる見込みです。

・台風の進路に十分に注意するべき理由

台風5号は、その進路により、8月のスタート、あるいは8月上旬の天候を大きく左右する要素をもっていると言えそう

小笠原の南の海上でほとんど停滞するような予想で、さらに暖かな海面上を進むため、じわじわと勢力を強める予想

台風を流す上空の風が弱く、いつどこで明瞭になるのか?様々な計算があるためで、現時点では、この台風の来週後半の位置や勢力などを見定めるのは本当に難しくなっています。

雲の様子で見ると、台風5号、9号の塊がそれぞれあります。そして、日本付近には大陸方面から雲が延びていますが、この周辺に梅雨前線が分かれてあります。

この前線の影響で、あす以降、北日本と北陸中心にぐずついた天気が続きそうです。

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew