1. まとめトップ

朝鮮学校高校無償化裁判まとめ

7/19広島地裁 7/28大阪地裁 9/13東京地裁

更新日: 2017年09月17日

hiraoyogiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 1485 view
お気に入り追加

金明秀氏による基本的な解説

7月19日 広島地裁

差別行政が司法によって承認される国。まったく美しいことよ。

自国内に住まう隣国出自の子どもたちが教育を受ける権利を制限して、これを「人質」のように用いて外国への圧力に使おうという、この国の倫理にもとる拙劣な悪政を全面肯定した、不当きわまる判決である。 twitter.com/asahi/status/8…

各紙が報道している通り、朝鮮学校のみを無償化から除外したのは外交問題のため。しかしそれだと訴訟で不利になるということで政府が後出しした屁理屈(一般にはそれを「嘘」と呼ぶだろう)を裁判所が全面支持。在日絡みの行政訴訟ではこの風景を子どものころから見てきたけど、ホント変わらないな。

政府の方から「後出しジャンケン」で条件を変えて補助を打ちきった点に注意。にしても「差別でもって報復」というのは野蛮。/高校無償化、朝鮮学校の除外「適法」…広島地裁 : 読売新聞 yomiuri.co.jp/national/20170…

広島無償化裁判の地裁判決に対して発表された原告、弁護団、支援団体の声明 pic.twitter.com/T13EgpkRCt

「一方」以下はまったく余計だ。教育内容も財務状況もげんに開示している。にもかかわらず、無限に「改善すべき」と難癖をつけて差別してきたんだよ。この社説も同罪。/社説:朝鮮学校の無償化で初判断 制度の理念に反しないか - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20170…

外交を理由に、国内の外国人学校へ制裁を加えるってのはさすがにおかしいよなあ。その学校に通う子供たちは日本で生まれ日本で育った、その国へ帰ることもなく日本で生きていく子たちなのに。 twitter.com/C4Dbeginner/st…

くどいけど、朝鮮学校のみを無償化から除外したのは外交問題のため。しかしそれだと訴訟で不利になるということで政府が後出しした詐術に裁判所が丸ごと乗っかったという差別判決だったよ。メディアとして言うべきことはないのか? asahi.com/articles/photo…

行政訴訟で国側が有利なのは、国家が保有する資源(情報や資金)が豊かだからというのが一般的な理解だと思うけど、この判決なんか見てるとどうも違うよね。「国側が設定した論点だけを検討すればよく、市民側が提起した論点は完全に無視してよい」とでも思っているらしい。

この判決は、政府が後付で持ち出した詐術を争点として採用し、真偽不明の新聞報道まで証拠として採用する一方、朝鮮学校側が設定した常識的な争点(子どもたちに責任のない外交の責任を負わせるのは不当)については「原告らの主張は採用できず」と完全に無視している。一方的というにも余りある。

行政訴訟ってネトウヨとの〈議論〉に似てるね。最初に国側が持ち出した証拠と論理がデタラメだと判断されても、次々と屁理屈を並べ立てるだけというあたりが。そして、そうやっても、論理が破綻しているとも詐術や詭弁だとの非難も受けず、裁判所はそれをそのまま採用してくれるというのだから。

パーフェクトな内容。素晴らしい。胸が晴れる気分だ。/(社説)朝鮮学校訴訟 無償化の原点に戻れ:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…

ホントそれ。「何人の高校生がいえない傷を負わされたことか。判決自体が大きな罪」「自分はここに居てはいけない存在だと言われた気がした」/〈時代の正体〉無償化除外は「学ぶ権利侵害」文科省前で朝鮮大学校生が抗議 kanaloco.jp/article/266043 #神奈川新聞

「あの広島地裁だけネトウヨ判決やったな」といえるように、後続の判決が出てくれることを望むばかり。

7月28日 大阪地裁

【速報 JUST IN 】朝鮮学校を無償化の対象から除外 国の処分を取り消す判決 #nhk_news www3.nhk.or.jp/news/html/2017…

朝鮮学校:無償化は義務、国の処分取り消し 大阪地裁判決 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20170…

東京も勝訴するはずです。国際人権基準を日本でも実現する課題は続きます。 twitter.com/higashiajianew…

国側の詐偽を一蹴。やっと、まっとうな人の声を聞いた気がする。「外交的、政治的意見に基づいて対象から排除したと認められ、法律の趣旨を逸脱し、違法で無効だ」/ 朝鮮学校を無償化対象外にした国の処分を取り消す判決 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2017…

国相手の裁判に勝つのは大変なんですよ。国側が「懸念」とか「おそれ」という言葉を使って、法律を運用するわけですからね。この耳飾りにも、鼻飾りにもなる言葉と対決するのはとても労力がいるのです。その意味で、朝鮮学校側の原告らの努力が勝ち取った大阪地裁判決だと思います。

1 2 3





hiraoyogiさん