1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

心霊スポットで肝試し‥高校生9人が書類送検された事件に様々な声

心霊スポットといわれる愛知県春日井市の廃業した旅館「千歳楼」に、立ち入り禁止の看板を無視して許可なく侵入した疑いで、愛知県に住む男子高校生9人が軽犯罪法違反の疑いで書類送検された。この旅館は14年ほど前に倒産した後、心霊スポットとして知られるようになり。警察に侵入者や不審火の通報があったという

更新日: 2017年07月30日

karumaru0505さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 108947 view
お気に入り追加

愛知県の男子高生9人を軽犯罪法違反の疑いで書類送検

【肝試し】“心霊スポット”に侵入、男子高校生9人を書類送検 愛知 news.livedoor.com/article/detail… 春日井市の廃業した旅館に許可なく立ち入った疑い。調べに対し「電車で行ける場所を探した」などと話しているという。 pic.twitter.com/td7rrasZQ2

心霊スポットといわれる愛知県春日井市の廃業した旅館に、「肝試し」をするため許可なく立ち入ったとして

”心霊スポット”に侵入した疑い

送検容疑は6月23日夜、市が設置した立ち入り禁止の張り紙を無視し、旅館の敷地内に侵入した疑い

近隣住民の通報で発覚

地元の住民から「若者が集まっている」と通報を受けて警察官が駆けつけたところ、9人が建物の中で騒いでいたということです。

9人は建物に隣接する電柱をのぼって侵入したとみられていて、調べに対し「肝試しをするために電車でいける場所を探した」などと話しているという。

高校生が侵入した”心霊スポット”は廃墟した旅館

1928年創業で、川沿いの風光明媚(めいび)な立地や、名物の日本料理などで人気を集めた。

バブル期以降に客足が鈍り、2003年に破産。破産管財人と連絡が取れなくなり、窓ガラスが割れるなど廃虚状態となっている。

14年前に破産したあとは廃虚の状態となり、インターネット上では「心霊スポット」として紹介されていました。

白骨遺体が見つかったことも‥

旅館では不審火や不法侵入が相次ぎ、近隣住民から過去1年間で13件の通報があった。

2012年には建物内から白骨化した遺体が見つかっています。

このため、春日井市がバリケードや防犯カメラを設置して侵入を防ぐ対策を行ってきましたが、若者を中心に敷地内に侵入する人が後を絶たないということです。

このニュースが話題になっている

14年前に倒産した後、心霊スポットとして有名になったのはどうでもいいんだけど、恐ろしいのは’2012年’に建物内から白骨化した死体が見つかってんですよね・・・ 廃墟旅館で肝試し “侵入”高校生ら書類送検-Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?…

心霊スポットに肝試しで侵入した高校生が書類送検されたニュースを見てニコニコしてる

心霊スポットに侵入した高校生が書類送検!?!?!?!?

1 2 3





ネットで話題になったことをまとめていきたいと思います。