1. まとめトップ

心臓機能や認知機能に悪影響…運転で脳にダメージ「知力低下」の衝撃

今や生活になくてはならないと言われる自動車。そんな運転は知力の低下や大脳へのダメージがあるという英国の最新研究報告がなされた。もしこれが本当ならば自動車の運転も考えなければならない時代かも…

更新日: 2017年07月31日

3 お気に入り 61383 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

a1oさん

運転が知力の低下や大脳の機能へのダメージ

英国の最新研究報告によると、毎日車を2時間以上運転し続けると、知力の低下や大脳の機能へのダメージがもたらされることが明らかになった。

「毎日2、3時間以上運転すると、心臓機能や認知機能に悪影響が及ぶ。これは、長時間座り続けることで、脳の一部の動きが不活発になることによる」と指摘

マジかよ…職業にしている人はどうするんだと。 毎日2、3時間の自動車運転で脳にダメージ

パンチ・ドランカー脳へのダメージ

たくさんのパンチを頭に受けると、 脳機能科学の言う所の 「拳闘家痴呆症」 いわゆるパンチドランカーになる恐れがあります。

モハメド・アリ氏は、 パンチによる脳の打撲が原因であろうと言われる パーキンソン病にかかり、 一言二言しか話せないようになっています。

338人の現役プロボクサーの脳を CTスキャンで調べた結果を報告し、 その報告によると、7%の脳に委縮がみられ、 正常と委縮の中間は約12%の上ったそうです。

早死する職業ランキングで上位に入る運転手

1位 大手広告代理店の営業
2位 IT企業の下請けSE
3位 チェーン飲食店店長
4位 若手官僚
5位 病棟勤務の看護師
6位 タクシー運転手
7位 LCCの客室乗務員
8位 自衛官
9位 公立学校の教員
10位 トラック運転手

多くの患者を診る医者も危ない職業に警告!

テレビでも大活躍中の人呼んで“何でも解決スーパードクター”が、さまざまな危ない職業の筆頭にあげたのがタクシー運転手だ。

勤務中は常に座りっぱなし、極端な運動不足のため血管の病気が多いのがタクシー運転手です。

脳への振動はできるだけ避けよう

新生児や乳児の体を、過度に揺することで発生する内出血などの外傷。児童虐待ともなりうる

新生児の体を強く揺すった場合のほか、あやし喜ばせようとして豪快に振り回したり、あるいは車移動の際、新生児用ではないチャイルドシートに長時間座らせるといった行為により、発生の危険性が高まるとされる。

視神経や眼球などに損傷がある場合、視力が低下するほか、難聴などが生じる場合もある。

脳に障害が発生した場合、その部位にもよって運動障害や言語障害、知能障害が発生しうる。重篤な場合では死亡する場合もある。

振動フィットネスマシンの注意書き

マッサージが強すぎて筋膜や筋繊維を損傷してしまい炎症が起こっている状態…脳にもそれはないのか?

振動マシーンの脳への影響について。 今流行の10分間乗ってるだけで、2時間のランニングと同じ効果!というブルブルと振動するマシーンがありますよね? あれって、脳には、影響がないのでしょうか?

1 2