1. まとめトップ

多くの作品を手掛けた脚本家が原作を担当!だからこそ面白い漫画!

多くの作品を世に送り出した脚本家が原作を担当した漫画をまとめてみました。ぴちぴちピッチ、荒ぶる季節の乙女どもよ。、聖痕のクェイサー、柚子ペパーミント、ぷりぞな6、水曜日のスケッチの6作品です。

更新日: 2018年04月17日

1 お気に入り 25337 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

神通百力さん

■人魚姫伝説がモチーフのファンタジー

原作:横手美智子 作画:花森ぴんく

七海るちあはピンク真珠のマーメイドプリンセスであり、初恋の男のコにあげた真珠を探しに人間界にやってきた。そこで海斗という少年に出会うのであった。

ジャンルは魔法少女+美少女戦隊であり、人魚姫伝説をモチーフにした内容となっている。また、歌と恋愛が作品のひとつのテーマでもある

■女子高生の悩みが描かれる青春群像劇

原作:岡田麿里 作画:絵本奈央

小野寺和紗は高校で文芸部に入部した。題材として扱われているのは日本の純文学ばかりで戸惑いつつも、風変わりな部員たちに囲まれて楽しい高校生活を謳歌していた。
そんなある日、文芸部の題材図書に性的な描写があったことをきっかけとして和紗や部員たちは性について意識し始めるのだった。

文芸部に所属する5人の女子高生が性に振り回され、悩む様子が描かれる

ストーリーと絵柄が良くマッチしていてレベルの高い作品となっている

■元素で戦う学園伝奇バトルアクション漫画

原作:吉野弘幸 作画:佐藤健悦

聖ミハイロフ学園に通っている織部まふゆが拾った銀髪の少年は聖乳を吸うことによって特定元素を自在に操れる、クェイサーと呼ばれる存在であった。

戦闘の度に行われる授乳行為を正当化しており、成人向け指定のない「乳房を吸う漫画」として注目を集める

やや説明臭い面もありますが、バトルとストーリーのバランスも割りと良い作品

将来、絶対役に立たないと思っていた化学反応の知識を、原作者は見事役立てている。酸化させて周囲の酸素を奪ったり、合金で硬質化させたり、戦い方にオリジナリティを感じ面白いと思う

■いろんな要素があるバトル漫画

原作:佐藤大 作画:ゴツボ☆マサル

早川柚子は9年前に家族を何者かに殺害されてしまい、たった一人の身寄りだった祖母が、柚子に花カルタを託してこの世を去った。
その花カルタを狙い、柚子を付け狙う謎の集団「MDD団」の一員が自身の家族を殺害した犯人だと知る。
そして大規模な地震が世界を襲った。すべての因果が繋がる時、柚子に眠る力”ペパーミント”が覚醒したのであった。

サスペンス・ギャグ・バイオレンスを織り交ぜたバトル漫画

割とストーリーをきっちりめにしてくるマサルは佐藤大との協力によって、突飛なシーンやギャグが慌ただしく飛び回るこの作品に一本の筋を通したみたいで、けっこう落ち着いた雰囲気になっている

ぶっ飛んでるけど勢いがあって面白い。キャラにも魅力がある

■孤島を舞台に描かれるサバイバルSFストーリー

原作:金月龍之介 作画:KOJINO

6人の少女は名もない孤島でまったりと暮らしていた。彼女たちは番号(ナンバー)で呼ばれており、記憶はなく、島に連れてこられた経緯も知らなかった。
そんな生活に一人だけ違和感を持っていた新参者の“ナンバー6”は、かすかに残っている憧れの“先輩”の記憶を頼りに島からの脱出を試みた。しかし、16回目の挑戦も失敗に終わってしまうのだった。

島に来る前の自分の正体やそこでのトラウマに怯え葛藤しそれに立ち向かいながら、島や自分たちに関わる謎の真相を探り、己の存在意義や島に連れてこられた意味を探求するサバイバルSFストーリー

話の構成は面白いし、絵もきれいです。最後もそれなりにきれいに収まったと思います

1 2