1. まとめトップ

意外と便利!!フリーランスエンジニアが登録すべき案件情報サイトまとめ

これからフリーランスエンジニアとして頑張っていこうと思っているあなた!!!フリーになる為のめんどくさい事務手続きを完了させて、いざ仕事をしようとしても開発案件が見つからない・・・自分にやりたい開発案件が見つからない・・・そうならない為にまずは案件情報サイトで自分に合った開発案件を探しましょう。

更新日: 2017年08月07日

Hi_Yamamotoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 345 view
お気に入り追加

今回紹介するフリーランスエンジニアの為の案件情報サイトは、実際に私が会員登録して案件を紹介してもらったり、実際に現場に入って開発業務をした上で感じたことを書いていこうと思います。

その前にまず、フリーランスエンジニア・プログラマになりたての場合、一番最初に立ちはだかる壁は3つあります。

それは『お金の壁』『時間の壁』『人の壁』です。

『お金の壁』とは

サラリーマンは在籍していればお金がもらえるのですが、フリーランスでは仕事をした分に対してしか、お金が入ってきません。

つまり、仕事が途切れてしまうとそこで収入も途切れてしまいます。

また、サラリーマンは交通費や出張費などの必要な経費は会社から出ますし、名刺等は至急されパソコン等も割り当てられます。

しかし、フリーランスはその様な費用は全て自分の事業資金から出す必要が出てきますのでキャッシュフローを明確に把握しておく必要があります。

『時間の壁』とは

フリーランスエンジニア・プログラマは会社員エンジニア・プログラマに比べると比較にならないくらいの収入を得る事になります。

それは、会社員エンジニア・プログラマは開発によって得た収入が事務、営業の方も含めた全ての社員に再配分されるのに対し、フリーランスエンジニア・プログラマはその再配分する前のお金が直接入る様になるからです。

しかし、逆の発想をすると、事務・営業なども全て自分一人でやらなければいけないという事になりますので開発以外の業務が必然的に増えます。

つまり、フリーランスエンジニア・プログラマの時間とは報酬そのものなのです。

その時間を有効に活用する為には日々の計画を立てそれを後で振り返って把握する事が大切です。

『人の壁』とは

フリーランスエンジニア・プログラマの仕事はお客さんがあっての仕事です。

会社に所属している間は仕事を取ってくるのは営業の人達や上司に任せておいて自分はパソコンの前でずっと仕事をしていて良かったのかもしれませんが、フリーランスとして独立すればそうはいきません。

あなた自身がお客さんと接し、そして信頼を築いていく必要があります。

しかし、技術者にはその様な人と接する事が苦手な人も少なくありません。

コミュニケーション能力は一朝一夕で上がるものは上がるものではありませんので、一つ一つ慣れていくしかありません。

3つの壁を乗り越えるために

いざ仕事をしようとしても開発案件が見つからない・・・

いざ仕事をしようとしても開発案件が見つからない・・・

自分にやりたい開発案件が見つからない・・・

そうならない為にまずは案件情報サイトで自分に合った開発案件を探しましょう。

次のセクションからは私が実際に案件情報サイトに登録して感じたことを書いていきます。

1 2





Hi_Yamamotoさん

エンジニアをしているHi_Yamamotoです。
Java・PHP・RPGの開発をメインでしてます。
ネットワーク周りの知識が全くないので詳しい方いらっしゃったら教えてください・・・