1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

数字だけではわからない!視聴率一桁でも面白い「夏ドラマ」

ドラマ視聴率=面白さではないけれど、ついつい低視聴率のドラマは避けがち。とはいえ、視聴率一桁でも高く評価されている作品も少なくない。そんな夏ドラマの中から、「僕たちがやりました」「ハロー張りネズミ」「ウチの夫は仕事ができない」「ごめん、愛してる」「愛してたって、秘密はある。」の5作品。

更新日: 2017年10月07日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 326138 view
お気に入り追加

◆『僕たちがやりました』(火曜夜9時)

窪田正孝:「僕たちがやりました」実写化で連ドラ主演 「幸せになる役は、僕は似合わない」  mantan-web.jp/2017/05/29/201… pic.twitter.com/DsyWLku1He

窪田正孝(28)主演の火曜ドラマ「僕たちがやりました」(午後9時)の25日第2話の平均視聴率が6・5%(関東地区)だったことが26日、ビデオリサーチの調べでわかった。

「僕たちがやりました」は不良を少し驚かせるだけのつもりが、大きな爆発事件を起こしてしまった今時の高校生たちの青春逃亡劇。

同ドラマは、登場人物たちによるコミカルな下ネタの応酬も話題になっている。「親と見られない」と嘆く声も一部あるものの、原作漫画で描写される“イマドキの高校生”感を見事に再現した点は好評だ。

とびきり刺激的な展開ばかりが注目されるドラマではあるが、こういった青春の典型描写をストレートに貫いているから魅力は増大するのであろう。

僕たちがやりましたって、なかなか攻めてるドラマだよね

ドラマ 僕たちがやりました、最近の実写化では素晴らしい出来だと思う

ドラマ「僕たちがやりました」が視聴率なんて関係ないってことを証明する。1話から脚本、演出、キャストが素晴らしい。実際、ネットからも好印象で視聴率制度そのものに違和感を感じる。チームは気にせず突っ走って欲しいちゃんと届いてます。… twitter.com/i/web/status/8…

◆『ハロー張りネズミ』(金曜夜10時)

28日に放送された俳優・瑛太(34)主演のTBS系ドラマ「ハロー張りネズミ」(金曜・後10時)の第3話の平均視聴率が6・6%だったことが31日分かった。

東京都板橋区下赤塚の「あかつか探偵事務所」に舞い込む依頼に、主人公・七瀬五郎(通称・ハリネズミ)と仲間たちが挑む物語。

洒脱な音楽、あかつか探偵事務所メンバーの軽妙な掛け合い、とりわけ麗しい深田恭子、今までのあらゆるバディもの、探偵ものを思い起こさせる場面の数々は、探偵ドラマへの愛そのもの。

1話は人情もの、2話そして今回の3話は「アクション、爆破、ラブアンドサスペンス」と、企業や大物政治家が絡んだ大きな事件に立ち向かうガッツリサスペンスと、どうやらジャンルを越えていろんな味が楽しめるらしい。

ハロー張りネズミ、映画みたい。とっても面白い。

昨日の夜はハロー張りネズミを3話続けて観て夜更かし。大根仁が深夜じゃない連ドラやるってだけで観る価値ありと勝手に判断。1話は正直微妙だったけど、2,3話でかなりギアが上がった感じ。視聴率悪いみたいだけど、個人的には面白いと思います。深田恭子ゲロマブだしね。

ハロー張りネズミ見始めました オープニングとエンディングが最高です 原作者さんの出身地が同じです メーンの4人好きです

今期一番好きなドラマは ハロー張りネズミだな( ˘ω˘ )濱マイクとかリバーズエッジを彷彿とさせる空気感良き。ソイルとよーじろーのコラボ曲も良き。やっぱ探偵ドラマの音楽はジャズ定番なのかな〜〜 瑛太の雑な黒髪ロン毛イケメンかよ〜〜好き。

◆『ウチの夫は仕事ができない』(土曜夜10時)

新土曜ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」 7月8日(土)夜10時スタート‼️ 初回放送まで2週間 ㊗️メインビジュアル解禁✨✨✨ #ウチの夫 #日テレ #錦戸亮 #松岡茉優 pic.twitter.com/w16aElwixg

日本テレビ系連続ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」(土曜午後10時)の29日第4話の平均視聴率が9・4%(関東地区)だったことが31日、ビデオリサーチの調べでわかった。

ちょっと残念な“仕事ができない夫”が妻と手に手を取って頑張る、笑って泣ける新感覚のお仕事ホームドラマ。

壇蜜と佐藤隆太がヒールなようでちゃんと部下を見ていて、会社サイドは魅力的。「ウソじゃなくなる努力はしたのか」というせりふや、一流と二流の違いも納得。「死ぬ気でやれよ」とスパルタな壇蜜と、こき使われて成長する錦戸がお仕事ドラマとして楽しい。

第2のポイントは驚きのミュージカル場面だ。「♪ない、未来がない」などと歌って踊るシーンが挿入される、プチ「ラ・ラ・ランド」仕様に拒否反応を示す視聴者もいるだろう。しかし、ここは制作側のチャレンジ精神を支持したい。

1 2





記憶の中で生きてゆける