1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

shiraume000さん

ビットコイン(Bitcoin)とは?

ビットコインは、2008年10月に、中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって、提唱されました。

ひとことで言えば「仮想通貨」です。「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。

仮想通貨としてイメージしやすいのは、オンラインゲーム内の通貨です。円やドルを支払って、ゲーム内で使われている通貨を手に入れれば、そのゲーム内で使われている通貨が「使える」ゲーム内のお店で、アイテムを買うことができます。ゲーム内でのみ使える、仮想の通貨です。

他にも、特定の Web サイトでのみで使える仮想通貨も存在します。利用登録の際に1,000円で1,000ポイントを購入し、その1,000ポイントで有料サービスを購入するというしくみを利用している Web サイトが存在します。そのポイントが「使える」Web サイト内でのみ有効な、仮想の通貨です。

ビットコインも似ています。ビットコインを手に入れることができれば、ビットコインが「使える」所で物やサービスを買うことができます。

ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。

電子マネーとはどう違うの?

ビットコインも、電子マネーとして使える特徴を持っています。

現在一般的に利用されている電子マネーは、基本的にはその地域で使われている通貨を使って電子的に決済を行うために存在しています。

紙幣や硬貨を利用せず、電子的に決済を実現していますが、実態としては円という通貨をやりとりしていることには変わりありません。

ビットコインは、何らかの端末に円をチャージするというものではありません。

ビットコインを利用して商品を購入する際には、まず手持ちの円という通貨をビットコインという通貨に両替しなくてはなりません。円をビットコインに両替してはじめて、ビットコインでの支払いが実行できるのです。

ビットコインのメリットは?

1.個人間でかんたんに「直接」送金ができる
2.送金手数料が無料か、または安い
3.監視や制限が存在しない
4.中央機関に依存していない
5.国境がない(世界中で使える)
6.場合によっては儲けることができる
7.キャッシュレス

ビットコインのデメリットは?

ビットコインを購入するには?

ビットコインは取引所と呼ばれる場所でかんたんに購入することができます。

ビットコインを購入するには、まず取引所へお金を預けなければいけません。

お金を取引所へ預ける ⇒ 預けたお金でビットコインを購入する!といった流れです。

コインチェックという取引所でもビットコインを購入することができます。

コインチェックの大きな特徴としては、最短10分で購入することが可能です。他にも特徴としては、リップルコイン、イーサリアムなどのビットコイン以外の仮想通貨も買うことが可能です。

今後ビットコインと同じぐらいの掘り出し物が見つかる可能性は大いにあります。

ビットコインは最低0.01BTC~購入可能です。

1BTC=30万円だったとすると、0.01BTC=3,000円。(手数料は含みません。)

たった3,000円という少額から資産運用できるのは、手軽で嬉しいですね。

取引所は国内で大きなシェアを誇る

ビットフライヤー・コインチェック・ザイフの3社さえ抑えておけば問題はありません。

ビットコイン以外の仮想通貨?

仮想通貨の種類は、700種類程度といわれているのですが、実際に流通しているものは500種類程度です。

何をもって仮想通貨と呼ぶのか、その定義も曖昧になっており、日々新しい仮想通貨が出ては、流通しなくなった仮想通貨は消えているといっても過言ではないでしょう。

現在日本の取引所で扱う主要な仮想通貨は下記のとおりです。


ビットコイン
イーサリアム
イーサリアムクラシック
リップル
リスク(Lisk)
ファクトム(Factom)
モネロ(Monero)
オーガー(Augur)
ジーキャッシュ(Zcash)
ネム(NEM)



この他にも、日本が独自に開発した通貨や、取引所が独自で開発した仮想通貨もあります

1