1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

まさか‥バンジーでワイヤが切れケガ‥経緯や事故の原因が気になる

長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」のバンジージャンプの命綱のワイヤが切れ怪我する事故が発生…経緯や原因が気になります。

更新日: 2017年08月02日

8 お気に入り 57425 view
お気に入り追加

バラエティー番組やイベントなどで話題になるバンジージャンプ

さっぽろテレビ塔で27メートルダイブイベント 開業60周年で

そんなバンジージャンプのワイヤーが切れケガがをする事故が発生

1日午後5時半頃、長崎県佐世保市の大型リゾート施設「ハウステンボス」(HTB)で、

「光のバンジージャンプ」(高さ約20メートル)のゴム製ロープをジャンプ台側に固定するワイヤが切れ

利用していた福岡県古賀市の公務員男性(37)が右肩打撲のけがを負った。

長崎県警に、よりますと男性は高さ約20メートルのジャンプ台から

ゴム製ロープを付けて飛び降りた。落下して、いったん跳ね上がった後にゴムと台をつなぐワイヤ部分が切れた。

男性は、その弾みで地面に敷いてあるエアマットから地面に転げ落ちたという。

福岡県古賀市から家族と訪れていた男性公務員(37)が右肩を打撲するけがをした。病院で手当てを受け、命に別条はないという。

そもそも「バンジージャンプ」とは

ビルや橋、専用の高台などからゴムなどの命綱一本で飛び降りるスリルいっぱいのスポーツである。

バンジー (bungy) とは英語ニュージーランド方言でゴムひものこと。この遊びを商売として始めたA. J. Hackettが名づけた。

ハウステンボス側からは…バンジージャンプは2015年10月から営業を開始

5月に専門業者が点検した際にワイヤの異常はなく、施設職員も営業日の開園前後に命綱の強度確認をしていたという。

営業の前後に点検しており、この日の点検では「問題は見つからなかった」(広報)という。

このバンジーの命綱ワイヤが切れたニュースはネットからも反響が

ハウステンボスでバンジージャンプのヒモ切れるとかヤバイw

ハウステンボスのバンジー、ワイヤー切れたのか。マットのお陰で大きな怪我は無かったみたいだが、その光景をみてた人たちも怖かっただろうな

バンジージャンプの命綱切れた経験をしたらもう二度とバンジーなんかしたくなくなるよね、それはもう飛び降り自殺。

バンジージャンプは切れないから安心っていう大前提が崩れると命に関わるからこわいね。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。