1. まとめトップ

トマトの旨味たっぷりの万能調味料ケチャップ

トマトの旨味が詰め込まれ、多くの料理の味付けに欠かせない冷蔵庫のお供な調味料であるケチャップを使ったグルメ情報まとめです。

更新日: 2017年08月02日

1 お気に入り 829 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

ケチャップとは

ケチャップ(語源は、福建省や台湾の「鮭汁 (kechiap)」という魚醤をさす言葉である)とは、野菜、キノコ、または魚などを原料にした調味料。トマトを用いたものはトマトケチャップと呼ばれる。
トマトケチャップは、現在ケチャップを代表するものとなっており、単に「ケチャップ」と言えばトマトケチャップを指すことが多い。これは海外でも同じ傾向がある。

基本的なトマトケチャップの作り方は完熟トマトを加熱して漉し、さらに低温で煮詰めてトマトピューレを作る。それに、砂糖、食塩、酢、オールスパイス、クローブ、シナモンなどを加える。玉ねぎ、セロリ、その他の野菜がしばしば加えられる。トマトケチャップは、ホットドッグ、ソーセージ、オムレツ、ハンバーガー、フライドポテトなどの洋食にかけて使用される。日本やアメリカなどでは酢豚やエビチリなど、中華料理に用いられる事も多い。

米国のトマトケチャップ消費量は4000万リットルで、世界のほかの国と比べ抜きん出て多い。一説によれば世界のケチャップ生産量の半分はアメリカの若年層により消費されている換算になる。使用目的は卓上調味料としてがほとんどだが、これを使って調合したバーベキュー用のソースは、醤油を使ったテリヤキソースや韓国風ソースを引き離して今なお絶大な人気があり、アメリカを代表する味との声もある。

日本でも好まれる調味料の一つであり、洋食には欠かせない。洋食にはトマトケチャップを加熱調理用に使う調理法が確立されており、チキンライス、オムライス、ナポリタンなどトマトケチャップを使った日本独自のメニューがある。また、カレーライスのルーや味噌汁などに少量加えて味に深みを出すことも行われており、マヨネーズと練り合わせるとオーロラソース風のドレッシングとなる。カゴメ製品のパッケージには「魔法の調味料」として謳われている。

容器はアメリカなどでは瓶入りや逆さまにしておくことのできる硬質ビニール容器入りが多いが、日本においてはソフトチューブ入りのものが多い。日本においても1988年にカゴメが「ニューケチャップ」の商品名でアメリカの製品同様に硬質ビニール製のものを発売したが、短期間で発売終了となった。

ケチャップ利用のおいしい料理

本格洋食のお店では、デミグラスソースを使うところもありますが、庶民的なところや家庭ではケチャップを使うことが多いです。

オムライスだけでなく、中のごはんにもケチャップを使うのが合います。

日本人好みのパスタにはケチャップがよく使われます。
味覚的に、ナポリタンをはじめ、好まれる味になります。

1 2 3