1. まとめトップ

新進気鋭、「次世代の生け花」を創るフラワーアーティストとは

生花やドライフラワーを使い、作品を生み出すフラワーアーティストのまとめです。意外かもしれませんが、著名なフラワーアーティストには男性も多く、国内外を問わず非常に注目が集まってきております。

更新日: 2017年08月14日

SW-0117さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 531 view
お気に入り追加

フラワーアーティストとは、花を用いて芸術をするフラワーアートを制作する人のこと。花の芸術家。

芸術の分野としては、彫刻(彫塑)・立体に分類される。

主な材料として花を使用するため、それらの一回性・一時性から写真やインスタレーションなどの表現方法を用いることも多い。

国内、国外を問わず、またその文化の融合として近年大きく注目されている。

各国の要人が集まる場所にも作品を提供する著名なアーティストも国内から生まれている。

国内のフラワーアーティスト

赤井勝

自らを「花人(かじん)」と称する、フラワーデザイナー。
在日各国大使夫人へのフラワーレッスンをはじめ、「北海道洞爺湖サミット」などの
政府主催イベントへの参加、ローマ法王への謁見・ブーケ献上など、国内外で幅広く活躍中。

アーティスト「清春」とのコラボレーション

「式年遷宮記念 鎮守の森イベント2013 世界に贈る平和の花」

田島由紀子

フラワーアーティスト。『パ・ド・ドゥ』主宰。1991年渡英、ジェーン・パッカー氏に師事後、東京・表参道に『パ・ド・ドゥ』を設立。いきいきと花の表情を生かした色彩感覚豊かな花あしらいで人気を博し、数多くのラグジュアリーブランドの花を手がける。

小林祐治

音楽活動を行った後、フラワーアーティストに転身。
1994年よりパークハイアット東京の花装飾を14年間行う。
植物が持つ幾何学的自然美に創造性豊かなデザインを加え、さらなる美を追い求めている。
アーティスティックかつモダンなデザインが多くの人々を魅了。

贈り物やお見舞いに。手軽に注文出来る業者も。

1