機内食 by TagPhotoLog CCライセンス:表示

ごく短距離の路線(福岡 - 釜山など)を除き、1 - 2回の機内食が提供される。配膳時間は出発地や到着地の時間(時刻)に関係ない場合が多い。
近距離便では、概ね離陸から1時間以内、遠距離便では1回目は離陸から概ね2時間以内、2回目は到着予定時刻の約2時間前である場合が多い。この辺りの事情を全く考慮せず、出発直前に食事を多く摂ると、機内食が十分食べられなくなったり、機内食を十分食べたことで到着地での食事のリズムを壊し体調に影響が出る場合もある。なお、殆どの国際線では、宗教や思想や信条や医療上の理由から特別食の用意があり、事前に申し込めば特別食が提供される。

この情報が含まれているまとめはこちら

うまそう過ぎ注意!豪華機内食やおもしろ機内食の数々

空の旅で飛行機の中で食べる食事、機内食。そんな機内食が近年各社が力を入れて、豪華で満足度を上げられるようにがんばっています。そんなレベルアップした素敵な機内食をご紹介。

このまとめを見る